FC2ブログ
オンラインカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

尾張五社のひとつ針綱神社

2019/07/15 08:52:15 | 針綱神社 | コメント:0件

針綱神社
2019.07.07

針綱神社は、犬山城の守護神でもあり、三光稲荷神社と同じく犬山城の南の登城入り口近くにあります。

haritsuna-inuyama-003.jpg

御祭神は尾治針名根連命(主祭神、おわりはりなねむらじのみこと)。
尾治針名根連命は、天火明命の子孫で尾綱根命の子、尾張氏一族ということです。

haritsuna-inuyama-004.jpg

犬山城は小高い岡の上にあるので、この針綱神社か三光稲荷神社を通って行くのが効率がいい。
城下町の本町通りから犬山城へ向かうと正面右側になります。

大きな一の鳥居と尾張五社「針綱神社」と刻まれた社号標が見えます。
「尾張五社」については、色々な説があるんですが、熱田神宮、尾張大國霊神社(国府宮)、津島神社、針綱神社、千代保稲荷神社の五社説、また、真清田神社(一之宮)、大縣神社(二之宮)、熱田神宮(三之宮)、尾張大國霊神社(国府宮)、針綱神社の五社などです。

haritsuna-inuyama-006.jpg

haritsuna-inuyama-007.jpg

一の鳥居くぐると目の前に、湾曲した太鼓橋(そり橋)、たまに神社で見られますよね。
鶴岡八幡宮、下鴨神社、多賀大社などにもあったような…。
現在は危険なため通行止めになってますが、昔は通って参拝したのでしょうか?
かなり急で危ない気もしますが…。

haritsuna-inuyama-009.jpg

人が渡るために作られたものではなく、神様が渡る橋だとも言われていますしね。

haritsuna-inuyama-010.jpg

haritsuna-inuyama-012.jpg

そして左手に手水舎です。

haritsuna-inuyama-013.jpg

すぐの石段を登ったところに二の鳥居。

haritsuna-inuyama-014.jpg

太宰府天満宮御分室もありました。
天満宮と言えば「なで牛」ですね。

haritsuna-inuyama-015.jpg

haritsuna-inuyama-016.jpg

三の鳥居からは、石段になってました。
登ったところが拝殿です。

haritsuna-inuyama-021.jpg

haritsuna-inuyama-017.jpg

お参りする際に鳴らすガラガラ(鈴)がありませんでしたが、神様は気づいてくれたでしょうか。

haritsuna-inuyama-023.jpg

境内で見かける神馬(じんめ)は、神様が乗る馬とされ、神紋は「左三つ巴」。
石清水八幡宮や八坂神社と同じらしいです。

haritsuna-inuyama-019.jpg

haritsuna-inuyama-025.jpg

本殿左側に「御神馬」がお祀りしてありました。
古くから子供の守り神としてご利益があるとされ、お供えした豆を頂くと歯ぎしり、ひきつけが治ると伝えられているそうです。
かわいい顔のお馬さんでした。

haritsuna-inuyama-022.jpg

さらに右手に出ると、犬山城への登山道に出ます。

針綱神社の創建年は不明ですが、延喜式に記載されていることから1000年以上の歴史があるとされています。

haritsuna-inuyama-005.jpg

古くは現在の犬山城天守閣付近に鎮座していましたが、幾度か遷座さました。
天文6年(1537年)犬山城築城に際し、白山平(現在地より東方にある山)に遷座。
慶長11年(1606年)市内名栗町に遷座。
明治15年(1882年)現在の場所に再び遷座されました。
犬山祭は、針綱神社の祭礼なんですが、過去鎮座された白山平(小島町)と名栗町には御神輿が渡御されるということです。

haritsuna-inuyama-026.jpg

安産、子授けにご利益があるといわれていますが、これは、1537年(天文6年)、織田信康が自ら手彫りの狛犬一対を奉納して安産祈願したことからで、以来、戌の日に安産祈願すると良いとされています。



針綱神社
愛知県犬山市大字犬山字北古券65-1




0568-61-0180

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する