fc2ブログ
オンラインカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング
最新記事
過去のYouTube動画

敦賀市 プロジェクションマッビング

敦賀市 秋の金ケ崎宮

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Ramen shop Soba restaurant Restaurant
ラーメン 蕎麦 お食事処
Tourist attraction One-day hot spring
見どころ 日帰り温泉

Fukui Ishikawa Toyama Kyoto Shiga
  福井県 石川県 富山県 京都府 滋賀県
Aichi Gifu Mie Kanagawa
  愛知県 岐阜県 三重県 その他

※只今、その他は調整中です。

つるが太郎 最近のYouTube動画

結神社(むすぶじんじゃ) 創建は、平安時代末期の第八十代高倉天皇の御代という古社 岐阜県安八町

2023/08/22 07:40:55 | 観光 結神社(むすぶじんじゃ) | コメント:0件

結神社(むすぶ)
2023.07.21

岐阜県安八郡安八町にある「結神社」です。

himejnjya-anpachi-007.jpg

創建は、平安時代末期の第八十代高倉天皇の御代、嘉応年間(1169年頃)の古い神社で、かつては結大明神とも呼ばれていました。

himejnjya-anpachi-033.jpg

岐阜市と大垣市の中間辺り、揖斐川の東側にあります。
この辺り、民家や田園が広がる地域です。

himejnjya-anpachi-001.jpg

地域の生活道路沿いに一の鳥居があり、その道路と平行に参道があります。
一の鳥居からその先のニの鳥居までの参道が駐車場です。

himejnjya-anpachi-009.jpg

ニの鳥居からも参道が続き、ずっと先に見える石段の上に本殿があるようです。

himejnjya-anpachi-013.jpg

石段の前の手水舎です。

himejnjya-anpachi-016.jpg

水面に敷き詰められた「ひまわり」と龍の対比がいい感じですね。

himejnjya-anpachi-006.jpg

神社の周りに「ひまわり」なんて見えないのに、なんで「ひまわり?」。
どうやらここからは見えませんが、近くの揖斐川に架かる新幹線の鉄橋の南、左岸堤防沿いに10haのひまわり畑があるんだそうです。
結構観光客が来る人気スボットらしく、安八町の推しみたいですね。

himejnjya-anpachi-019.jpg

himejnjya-anpachi-027.jpg

himejnjya-anpachi-020.jpg

石段を上がると拝殿、その奥が本殿です。

himejnjya-anpachi-021.jpg

himejnjya-anpachi-022.jpg

himejnjya-anpachi-023.jpg

祭神は、日本神話で天地の世界が初めて生まれた天地開闢(てんちかいびゃく)に登場する造化の三神。

天之御中主神(あめのみなかぬし)
高御産巣日神(たかみむすび)
神産巣日神(カミムスビ)

そして、猿田彦命(サルタヒコのミコト)
古事記及び日本書紀で、天孫降臨の際に、天照大御神に遣わされた邇邇芸命(ににぎのみこと)を道案内した国津神。
この猿田彦命は江戸時代に合祀され、神代最初の三神と猿田彦命の四柱とされました。

「むすぶ」はご三神の「むすび」に由来するそうです。

himejnjya-anpachi-011.jpg

かつての鎌倉と京の都を結ぶ「鎌倉街道」沿いにあり、結大明神は、古くから遠国からも沢山の人々が参詣されました。
美濃国の歌枕として、十六夜日記の阿仏尼や、一条兼良ら詠った和歌に「結ぶ神」として表されています。

織田信長もこの結大明神を信仰しており、天正3年(1575年)、長篠の戦いの際、7日間の戦勝祈願を行なっているそうです。

himejnjya-anpachi-032.jpg

また、結神社には、歌舞伎、浄瑠璃の演目「小栗判官照手姫」で有名な、照手姫と小栗判官小次郎助重の伝説も伝わっています。

明治36年(1903年)、揖斐川の河川改修の為、現在地へ移転したそうで、このころ、「結大明神」から「結神社」に改称されたんだとか。

himejnjya-anpachi-030.jpg

そして今では、恋愛だけでなく仕事などの全ての縁を結ぶ神社として親しまれています。



結神社
岐阜県安八郡安八町西結584

御守りお取り扱い
神主は常駐していないため、結神社西となり大平工業(株)事務所で販売しております。

大平工業(株)営業時間
平日 08:00〜17:00
(12時~13時お昼休み)
土曜 大平工業営業日のみ
日曜 休み
(元旦より5日もしくは7日までは結神社の境内にて販売しております。)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する