fc2ブログ
オンラインカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング
最新記事
過去のYouTube動画

敦賀市 プロジェクションマッビング

敦賀市 秋の金ケ崎宮

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Ramen shop Soba restaurant Restaurant
ラーメン 蕎麦 お食事処
Tourist attraction One-day hot spring
見どころ 日帰り温泉

Fukui Ishikawa Toyama Kyoto Shiga
  福井県 石川県 富山県 京都府 滋賀県
Aichi Gifu Mie Kanagawa
  愛知県 岐阜県 三重県 その他

※只今、その他は調整中です。

つるが太郎 最近のYouTube動画

中谷宇吉郎 雪の科学館 雪や氷について展示や実験で理解出る科学館 石川県加賀市

2023/07/18 07:40:24 | 観光 中谷宇吉郎 雪の科学館 | コメント:0件

中谷宇吉郎
雪の科学館
2023.06.23

石川県加賀市ある雪にまつわる博物館「中谷宇吉郎 雪の科学館」です。

yukinokagakukan-kanazawa-064.jpg

中谷宇吉郎は、雪の結晶形を分類し、世界で初めて人工雪の結晶の作製に成功したことで知られる科学者です。
雪は色々な事を教えてくれる、ということから「雪は天から送られた手紙である」という名言も有名ですね。

yukinokagakukan-kanazawa-005.jpg

「雪の科学館」は、中谷宇吉郎の出身地、片山津にある柴山潟湖畔公園の一画に建てられています。

yukinokagakukan-kanazawa-008.jpg

yukinokagakukan-kanazawa-009.jpg

科学館の建物は、「ロサンゼルス現代美術館」などを設計した日本を代表する建築家「磯崎新」の設計で、⽩⼭を望み、柴⼭潟の景色を活かし、雪をイメージした六⾓塔の形をしています。

yukinokagakukan-kanazawa-011.jpg

入り口は2階部分で、一旦階段を登り、上端の橋を渡ったところです。入り口を入ると受付があります。
入館料は、大人560円、高校生以下は無料です。

yukinokagakukan-kanazawa-014.jpg

天井の明かり取りも雪の結晶のようで工夫されていますね。

yukinokagakukan-kanazawa-021.jpg

展示室、実験のフロアは1階なので、階段を降ります。

yukinokagakukan-kanazawa-022.jpg

降りた正面に額縁のような窓があり、外の庭が絵のように見え、これも「磯崎新」の工夫でしょうか。

yukinokagakukan-kanazawa-001.jpg

展示は、中⾕宇吉郎の⽣涯や研究者としての姿、そして芸術活動やひととなりについても詳しくご紹介しています。

yukinokagakukan-kanazawa-056.jpg

yukinokagakukan-kanazawa-055.jpg

yukinokagakukan-kanazawa-024.jpg

科学館の職員の方が、実験を実演し、詳しく説明してくれました。

まず、冷凍庫の中で、ダイヤモンドダスト(氷晶)を再現です。

yukinokagakukan-kanazawa-052.jpg

0℃以下になっても凍らない水を「過冷却⽔」といい、何らかの刺激によって氷になる。という現象を利用して、ダイヤモンドダストを再現します。

yukinokagakukan-kanazawa-053.jpg

まじかで⾒ると実に不思議な現象です。
最後は、それをシャボン膜でつかまえて、美しい六⾓形の姿を見せてくれます。
分かりやすく解説しながらなので、なかなか面白かったです。
(約15 分間)

次に、チンダル像の生成実験です。

yukinokagakukan-kanazawa-051.jpg

透明な氷に強い光を当てると光のエネルギーが内部にも伝わり、氷は表⾯からだけでなく内部からも融けていきます。
氷が内部から融けてできる形は、はじめは薄い円板状ですが徐々に六⽅向に枝が伸び雪の結晶と似た形をつくります。
これをチンダル像といい実際に装置をつかって再現したものを観察出来ます。
(約7 分間)

もう一つ、氷のペンダントをつくる実験です。

yukinokagakukan-kanazawa-050.jpg

アルミニウム製のモールド(型)で氷を挟むと、モールドから氷へ熱が素早く伝わり、氷を溶かします。
挟んでから余分な氷が溶けるまで数分かかると思ったんですが、実際は一瞬でした。
⾦属は熱をよく伝える性質(熱伝導)があることがよく分かります。
残った部分は雪の結晶型のかわいいペンダントになります。
(約5 分間)

中庭にも「霧」発生の仕掛けがありました。

yukinokagakukan-kanazawa-015.jpg

仕掛けというより、これは「芸術」です。

yukinokagakukan-kanazawa-049.jpg

中庭は「グリーンランド氷河の原」と名付けられ、約60 トンの⽯が、グリーンランド北部のThule(チューレ)の近くにある氷河モレイン((堆⽯)から運ばれ敷き詰められています。

yukinokagakukan-kanazawa-027.jpg

yukinokagakukan-kanazawa-032.jpg

その石の隙間からいくつもの⼈⼯霧発⽣ノズルが水蒸気(霧)を発生させています。

yukinokagakukan-kanazawa-035.jpg

刻々と変化するその霧は、静かな⽇には「氷河の原」を下って庭を⽩く埋め尽くし、⾵の吹く⽇はブリザードのように舞い上がります。
作者は、中⾕宇吉郎の次⼥で、芸術家の中⾕芙⼆⼦氏です。

中庭を挟んで柴山潟側には喫茶室もあり、柴山潟を眺めながら一息つくのもいいですね。

yukinokagakukan-kanazawa-046.jpg

yukinokagakukan-kanazawa-040.jpg

この科学館は、各実験など実際に見て体験しないと良さや面白さが分からないと思います。

yukinokagakukan-kanazawa-066.jpg

ぜひ興味のある方は行って見て下さい。



中谷宇吉郎 雪の科学館
石川県加賀市潮津町イ106番地
0761-75-3323
開館時間 9:00~17:00
(入館は16:30まで)
休館日 水曜日
(祝日は開館)




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する