fc2ブログ
オンラインカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング
最新記事
過去のYouTube動画

敦賀市 プロジェクションマッビング

敦賀市 秋の金ケ崎宮

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Ramen shop Soba restaurant Restaurant
ラーメン 蕎麦 お食事処
Tourist attraction One-day hot spring
見どころ 日帰り温泉

Fukui Ishikawa Toyama Kyoto Shiga
  福井県 石川県 富山県 京都府 滋賀県
Aichi Gifu Mie Kanagawa
  愛知県 岐阜県 三重県 その他

※只今、その他は調整中です。

つるが太郎 最近のYouTube動画

大瀧神社・岡太神社は奈良時代創建の古い神社で両社併記される珍しい神社 福井県越前市

2022/11/30 07:45:36 | 大瀧神社・岡太神社 | コメント:0件

大瀧神社・岡太神社
2022.11.10

越前市の奈良時代創建という古い神社「大瀧神社・岡太神社」です。

ootakijnjya4-takrfu-013.jpg

奈良時代創建という古い神社で「大瀧神社・岡太神社(おおたきじんじゃ・おかもとじんじゃ)」と併記される珍しい神社です。

神社は権現山山上の上宮(奥の院)と麓の下宮(里宮)があり、上宮には大瀧・岡太両神社の本殿が、下宮(里宮)の本殿・拝殿は両神社の共有となっていることから、2つの神社の名前が併記されています。

今回参拝したのは、麓にある下宮(里宮)の方です。

大滝町の入り口に大きな赤い鳥居があり、さらに参道の町並みを進んでいくと、境内入口の鳥居があります。

ootakijnjya4-takrfu-001.jpg

ootakijnjya4-takrfu-004.jpg

ootakijnjya4-takrfu-005.jpg

境内は広く、イチョウの大木が数本そびえ立つ。

この時期、静寂な境内に聞こえるのは、風に吹かれて舞い散るイチョウの葉の音だけ、そして目に入ってくるのは、境内を覆い尽くす鮮やかな黄色の落ち葉。

ootakijnjya4-takrfu-006.jpg

ootakijnjya4-takrfu-074.jpg

この見頃の時期が難しく、今回行ったのは11月10日、この日が早かったのか遅かったのか、境内に落ち葉はあまりなく、ただ落ち葉を集めたであろう袋が幾つかありました。

ootakijnjya4-takrfu-072.jpg

ootakijnjya4-takrfu-011.jpg

ootakijnjya4-takrfu-056.jpg

以前宮司さんに聞いたことあるんですが、参拝者の方々が足をとられると危ないので、マメに履き掃除をするとのこと。
なので、宮司さんが掃除をした直後だったのかも知れませんね。

ootakijnjya4-takrfu-016.jpg

ootakijnjya4-takrfu-017.jpg

境内の中央あたりに石段があり、上がったところに神門、左右に回廊、そして社殿が建つ荘厳な空間です。

ootakijnjya4-takrfu-060.jpg

ootakijnjya4-takrfu-062.jpg

ootakijnjya4-takrfu-064.jpg

社殿は、天正3年(1575年)織田信長の一向一揆攻略の際、大瀧寺一山が兵火に遭い消失したため、再建されたもので、当時のままと思わせる立派な社殿です。

ootakijnjya4-takrfu-024.jpg

ootakijnjya4-takrfu-025.jpg

国の重要文化財で、拝殿(入母屋造妻入)と本殿(大型の一間社流造)が一体となった複合社殿で、複雑な曲面を持つ積層した屋根が特徴で、細やかな彫刻も随所に施されています。

ootakijnjya4-takrfu-036.jpg

ootakijnjya4-takrfu-043.jpg

ootakijnjya4-takrfu-040.jpg

ootakijnjya4-takrfu-041.jpg

大きく立派で華麗な神社はいっぱいありますが、これ程の社殿は、なかなか他では見られない。
一見の価値ありですよ。

上宮(奥の院)へは、下宮から権現山へ1キロ程の山道を徒歩で登らなければならないようです。
1キロの山道はちょっとキツい、さらに登り口に「熊出没」という警告板が設置されていて、今回は止めときます。
て、言うか今回「も」ですが…。

ootakijnjya4-takrfu-007.jpg

「大瀧神社・岡太神社(おおたきじんじゃ・おかもとじんじゃ)」と併記される「大瀧神社」は、その伝承によれば、養老3年(719年)、泰澄が、国常立尊(くにとこたちのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を主祭神とし、十一面観世音菩薩を祀り神仏習合の社、大瀧兒(おおちご)権現を建立したのが始まりで、後の明治時代の神仏分離令により、現在の大瀧神社となりました。

岡太神社は約1500年前、大滝町の岡本川上流に美しい姫が現れ、村人に紙漉きの技術を伝えたのが始まりとされている。
この伝説の姫『川上御前』を、和紙の神様・紙祖神(しそじん)として祀ったのが岡太神社です。
また、大正12年(1923年)には、大蔵省印刷局抄紙部に川上御前の分霊が奉祀されたそうです。

神社の格としては大瀧神社の方が上ということですが、地域の住民達が崇拝してきたのは川上御前であったため「大瀧神社・岡太神社」と並記していると考えられています。



大瀧神社・岡太神社
越前市大滝町
0778-22-3007 (越前市観光振興課)



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する