FC2ブログ
オンラインカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Ramen shop Soba restaurant Restaurant
ラーメン 蕎麦 お食事処
Tourist attraction One-day hot spring
見どころ 日帰り温泉

Fukui Ishikawa Toyama Kyoto Shiga
  福井県 石川県 富山県 京都府 滋賀県
Aichi Gifu Mie Kanagawa
  愛知県 岐阜県 三重県 その他

※只今、福井県 石川県 富山県 京都府 滋賀県 岐阜県のみリンク可、他県は調整中です。

鯖江市 浄土真宗本願寺派の寺院 西光寺

2020/10/21 08:51:58 | 浄土真宗本願寺派 西光寺 | コメント:0件

西光寺
2020.10.09

西光寺は、鯖江市杉本町にある浄土真宗本願寺派の寺院です。

saikouji-sabae-032.jpg

JR 鯖江駅の北西部、古い町並の中にあります。
西光寺の表門から境内駐車場に至る脇道は、古い町並みを通るので道幅が狭い。

西光寺は、蓮如の父である本願寺第7代法主存如が、嘉吉年間(1441頃)石田に道場を開いたのが始まりとされてます。
寺の建立とされるのは、宝徳3年(1451)のこと。
西光寺の1世には荒川興行寺(吉田郡上志比村)の長男永存を迎え、奥方は蓮如の妹の如祐、というのですから、凄い家系です。
興行寺もまた本願寺6世巧如の弟、玄真を開祖とする由緒のあるお寺で、これまた凄いですね。

天正3年(1575)西光寺5世真敬のとき、武士の横暴な政治に強く反対、織田信長とは、木の芽峠に山城を構え戦いますが、力の差は歴然、瞬く間に西光寺まても、焼き討ちされてしまいます。
石田の地から現在の地に移転したのは、よく分かりません。
一説によると、信長の焼き討ちの後とも、それ以前の文禄4年(1495)現在の敷地の寄進があったためとも…。

saikouji-sabae-031.jpg

境内の北側にある表門は、福井県の登録有形文化財に指定されている趣のある門です。

saikouji-sabae-035.jpg

saikouji-sabae-034.jpg

表門から入ると本堂の正面出ます。
左側で西向きに建っています。

saikouji-sabae-040.jpg

saikouji-sabae-041.jpg

saikouji-sabae-044.jpg

saikouji-sabae-046.jpg

本堂の左に吊ってある太鼓。

saikouji-sabae-043.jpg

saikouji-sabae-050.jpg

saikouji-sabae-053.jpg

右側の建物は、唐風唐門書院造り?で、高貴な方をお迎えする玄関ですかね?

西光寺は、万延元年(1860)関白九條兼実から直筆の「石田殿」の額を下賜されてから寺院としては全国で唯一の殿号で呼ばれる寺院となったそうです。

saikouji-sabae-049.jpg

また、西光寺の報恩講(ほうおんこう)は、「じゃ報恩講(じゃぼんこう)」と言われています。
報恩講とは、浄土真宗の宗祖(開祖)とされる親鸞(1173年 ~ 1262年) の祥月命日(亡くなった月日を「命日」、毎年めぐってくるその同じ月日のことを「祥月命日(しょうつきめいにち)」)の前後に、救主阿弥陀如来、宗祖親鸞に対する報恩謝徳のために営まれる法要のこと。

saikouji-sabae-055.jpg

「じゃ報恩講」については、こんな伝説が残されています。
江戸時代、西光寺10世 寂周は、親鸞の再来といわれるほど人々の崇敬を集めましたが、病弱だったため、乳母 お通は、自分の命を寂周に捧げて欲しいと近くの池に身を沈めます。
その年の報恩講は雷雨となり、池から龍(蛇)となったお通が舞い上がったという伝説です。
これから「じゃ報恩講」と言われるようになりました。



石田山 西光寺
福井県鯖江市杉本町31-42-1
0778-51-1539




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン
クレドットのお支払いで5%
セブン&アイグループ対象加盟店で、クラブ・オン/ミレニアムポイントと
有効期限のない永久不滅ポイントの2つのポイントが貯まります。



ふとんクリーナーはレイコップ
医師として働いていた時“アレルギー症状を根本的に予防できるようにしたい”
そんな思いからレイコップが生まれました。
◆日本の生活習慣、ふとん環境におススメ!
・ダニ、ハウスダストが気になる方
・妊婦や小さいお子様がいて寝具に不安な方
・布団干しが重労働と感じる方
・質の高い睡眠にこだわりを持つ方