FC2ブログ

京都 元離宮 二条城



元離宮 二条城
2018.11.23

京都の二条城、超有名な観光地の一つです。
近くに来たので、久しぶりに見てみるのもいいな、と、行ってまいりました。
「久しぶり」なんですが、恐らく数十年ぶりだと思います。

nijyojyo-kyoto-006.jpg

nijyojyo-kyoto-004.jpg

流石に京都の有名観光地、凄い人、人、人です。
東大手門には黒山の人だかり。
入口はここだけで、西大手門、北大手門、南大手門はあるのですが、門は閉ざされていて、それ以前に堀を渡る橋がない。

nijyojyo-kyoto-008.jpg

nijyojyo-kyoto-009.jpg

もし中で何かあったら、避難口はここだけだなぁ、なんていらんことを考えながら、券売機で入場券を買う。
大人1人600円です。

nijyojyo-kyoto-012.jpg

東大手門から入って、目の前にある石垣て囲まれたところが「二の丸御殿」です。

nijyojyo-kyoto-020.jpg

nijyojyo-kyoto-025.jpg

nijyojyo-kyoto-026.jpg

時計周りで南側の「唐門」から入ります。

nijyojyo-kyoto-034.jpg

そして正面に、よくテレビなんかでよく見る二の丸御殿の入り口です。
見慣れた景色ですね。
実際に見るのは2度目ですが…。

nijyojyo-kyoto-016.jpg

二条城は、周囲に堀をめぐらし、平地に築かれた平城です。
豪壮な二之丸御殿(国宝)と旧桂宮御殿を移した本丸(重要文化財)からなります。
二の丸御殿は、桃山式の殿舎建築の様式を伝える貴重な遺構で、廊下は歩くと音が鳴るうぐいす張り。
室内は金碧の障壁画や極彩色の丸彫りの装飾ご目をみはります。

遠侍(とおざむらい)、車寄(くるまよせ)、式台、大広間、蘇鉄之間(そてつのま)、黒書院(くろしょいん)(小広間)、白書院(御座の間)などがあり、城郭御殿の構造です。
白書院は狩野興以(かのうこうい)、黒書院は狩野尚信(なおのぶ)と、探幽(たんゆう)を含む狩野派の画家によるもの。
因みに遠侍(とおざむらい)とは、武家の屋敷で、主屋から離れた警護の武士の詰め所のことで、外侍(そとさぶらい)ともいうそうです。

慶長6 (1601) 年から、徳川家康の宿舎として造営され、完成間もない二条城で将軍就任の祝賀式を行い、その後、江戸幕府を開いた。
以後、将軍の宿所として3代将軍家光の代まで使用されましたが、その後は文久3 (1863) 年に 14代将軍家茂が上洛するまで利用されず、15代将軍慶喜はここで大政奉還を決議しました。
その意味では、江戸幕府の始まりと終焉の場所でもあるわけです。

nijyojyo-kyoto-041.jpg

nijyojyo-kyoto-045.jpg

nijyojyo-kyoto-049.jpg

二の丸御殿を出て特別名勝に指定されている二之丸庭園を通り本丸へ。
本丸はさらに堀で囲まれており、橋を渡って入ります。

nijyojyo-kyoto-054.jpg

nijyojyo-kyoto-056.jpg

nijyojyo-kyoto-058.jpg

現在の本丸御殿は、旧桂宮御所を明治になってから移したもので、1884年二条離宮に、1939年京都市に下賜され、元離宮二条城となった。

nijyojyo-kyoto-065.jpg

nijyojyo-kyoto-067.jpg

本丸御殿は公開されておらず、中には入れません。

nijyojyo-kyoto-068.jpg

nijyojyo-kyoto-069.jpg

nijyojyo-kyoto-073.jpg

本丸の南西にある天守閣跡(天守台の石垣)、この天守台へ登ると京都の街並みが一望できます。
天守台でこれだけの見晴らしですから、さらに天守閣があったころはもっと遠くまで見えたのでしょうね。

nijyojyo-kyoto-087.jpg

nijyojyo-kyoto-088.jpg

nijyojyo-kyoto-100.jpg

そして洋風庭園の本丸御殿庭園、和洋折衷の清流園を巡り元の東大手門に帰ってきました。

nijyojyo-kyoto-109.jpg

nijyojyo-kyoto-112.jpg

nijyojyo-kyoto-114.jpg

京都にはこの二条城を含め、4つの二条城があったんだとか。
これは知らなかった。
後の3つとは?
1) 織田信長が足利義昭のために築いた二条城(旧二条城)
現在、石碑は平安女学院の敷地の一角にあります。
2) 信長が上洛した時の宿所として築いた二条城で、その後、誠仁親王に献上(二条新御所)
現在跡地には京都国際マンガミュージアムなどがあり石碑もある。
3) 豊臣秀吉が聚楽第ができる前に京都における拠点として築いた二条城(妙顕寺城、二条第)
現在は西福寺の門前に石碑が残るのみです。
と、いうことだそうです。

nijyojyo-kyoto-118.jpg

nijyojyo-kyoto-120.jpg

元離宮 二条城
京都市中京区二条通堀川西入ル二条城町
075-841-0096 
開城時間 午前8時45分~午後4時(閉城 午後5時)
休城日
年末 12月29日~31日
二の丸御殿観覧休止日
毎年12月・1月・7月・8月の毎週火曜日、1月1日~3日、12月26日~28日
※尚、季節によって開城時間等、変更される場合があります。



テーマ : 城址巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
自動車保険を見直しませんか?
一括見積【無料】
自動車保険
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
日本の蒸気機関車3選
「C57」「C62」「D51」 このポストカードは、国鉄車両設計図を基に細密な線で描かれた版画「日本の名蒸気機関車12選(画・前田浩利)」の貴重な原画をもとに制作されたものです。 交通博物館にも所蔵されているもので、写真と見間違うばかりで、とても手書きで描かれた版画とは思えません。

NEXCO中日本オンラインモールで販売 ← クリック

直接お問い合わせ 
小澤工芸メール
敦賀太郎のブログ

お得で便利

車のトラブル一発解決

JAF

ホテル・旅館を探すなら

>>人気ホテルの価格を今すぐチェック<<

かんたん発行

ETCカード

ドメイン取るならお名前.com

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

送料無料の情報が満載!

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
福井・若狭からの贈り物
400年の伝統 若狭塗り箸
福井・若狭からの贈り物 椿油
nexcologo.jpg

わかさ椿油は、若狭湾の椿を採り、生搾り、無添加・非加熱の100%純国産椿油です。


tsubaki-fc-001.jpg tsubaki-fc-002.jpg

ブレゼント用にラッピング


お肌や髪になじみやすい化粧用油です。ツバキ油は、髪をつややかにするだけではなく、頭皮や肌荒れにも効果的な成分を含み、美しい髪やお肌に最適です。

tsubaki-fc-004.jpg

椿みつ朗スキンクリーム


tsubaki-fc-005.jpg

全身ローション わかさ椿


tsubaki-fc-006.jpg

わかさ椿 玉肌ローション

検索フォーム
カテゴリ