綿ヶ滝と手取渓谷の紅葉

手取渓谷綿ヶ滝

石川県白山市を流れる手取川、霊峰白山(標高2702m)を源とする川です。
この手取川の中流域、約10Kmに渡って高さ20~30ⅿの谷が続く絶景となっていて、手取渓谷と呼ばれるところです。

nishikigataki-039.jpg

nishikigataki-042.jpg

そろそろ紅葉も見頃かと出かけたわけですが、11月初めでは、まだ少しばかり早かったみたいです。
しかしこの渓谷には、綿ヶ滝と呼ばれる落差約30mの滝があると聞き、ここは外せないとナビ頼りに行ってみました。
金沢、小松方面から国道157号線を走って目指すは白山市下吉谷町。
周辺には綿ヶ滝いこいの森キャンプ場などの設備があるらしい。
とにかく手取川沿いを上流へ上流へと行くんですが、157号が川の左側で、いこいの森は川の右側。
なので、近くまで来たら橋を渡らなくてはなりません。
この時も行き過ぎて、国道淵にあった屋台のたこ焼き屋のおっちゃんに聞いたけど、買わなかったからか機嫌が悪く教えてくれなかった(≧∇≦)
なんとか自力でたどり着いたから良かったけど‥σ^_^;

nishikigataki-035.jpg

キャンプ場はシーズンオフということもあって閑散としていましたが、駐車場から歩いて少しばかり行ったところに滝への降り口がありました。
かなり急な階段ですが、降りると綿ヶ滝のすぐそこまで行くことが出来ます。

nishikigataki-003.jpg

nishikigataki-006.jpg

この場所に滝は2つあり、これは右側のから川に落ちる滝です。

nishikigataki-011.jpg

nishikigataki-008.jpg

川底まで降りると、迫力のある滝、その水流で滑らかに削られた岩や石、またゴツゴツした岩肌が目の前で見ることが出来ます。
この日は川の水の色が乳白色というか、灰色に濁ってました。
あまり見ない色でしたね〜。

nishikigataki-018.jpg

nishikigataki-020.jpg

nishikigataki-028.jpg

綿ヶ滝とは、手取峡谷にしぶきが落ちる様子がまるで綿が舞っているように見えることからその名がついたそうです。



綿ヶ滝いこいの森
石川県白山市下吉谷町ホ1-4
076-255-5333
キャンプ場/川下り 営業期間:7月1日~8月31日


テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
自動車保険を見直しませんか?
一括見積【無料】
自動車保険
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
日本の蒸気機関車3選
「C57」「C62」「D51」 このポストカードは、国鉄車両設計図を基に細密な線で描かれた版画「日本の名蒸気機関車12選(画・前田浩利)」の貴重な原画をもとに制作されたものです。 交通博物館にも所蔵されているもので、写真と見間違うばかりで、とても手書きで描かれた版画とは思えません。

NEXCO中日本オンラインモールで販売 ← クリック

直接お問い合わせ 
小澤工芸メール
敦賀太郎のブログ

お得で便利

車のトラブル一発解決

JAF

ホテル・旅館を探すなら

>>人気ホテルの価格を今すぐチェック<<

かんたん発行

ETCカード

ドメイン取るならお名前.com

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

送料無料の情報が満載!

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
福井・若狭からの贈り物
400年の伝統 若狭塗り箸
福井・若狭からの贈り物 椿油
nexcologo.jpg

わかさ椿油は、若狭湾の椿を採り、生搾り、無添加・非加熱の100%純国産椿油です。


tsubaki-fc-001.jpg tsubaki-fc-002.jpg

ブレゼント用にラッピング


お肌や髪になじみやすい化粧用油です。ツバキ油は、髪をつややかにするだけではなく、頭皮や肌荒れにも効果的な成分を含み、美しい髪やお肌に最適です。

tsubaki-fc-004.jpg

椿みつ朗スキンクリーム


tsubaki-fc-005.jpg

全身ローション わかさ椿


tsubaki-fc-006.jpg

わかさ椿 玉肌ローション

検索フォーム
カテゴリ