FC2ブログ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

安宅の関 歌舞伎の「勧進帳」

2015/10/19 13:02:11 | 安宅の関 | コメント:0件

安宅の関

ちょうど小松空港から海辺に出た辺りの小高い丘一帯が松林になっていて、その一角に「安宅の関跡」がある。
すぐそこには、砂浜と日本海が広がっている。
北陸高速を走っていても加賀ICと小松ICの中間あたりに安宅PAというのがありスマートICにもなっている。
安宅の関(あたかのせき)は、守護、富樫氏が設けたと言われる関所です。
そして安宅の関と言えば、源義経が武蔵坊弁慶らとともに奥州藤原氏の本拠地平泉を目指して通りかかり弁慶が偽りの勧進帳を読み義経だと見破りはしたものの関守・富樫泰家の同情で通過出来たという、歌舞伎の「勧進帳」で有名なところ。
その「勧進帳」とは、弁慶が「読み上げ」する場面で持っていた巻物を朗々と読み上げたことから、あたかも原稿を読んでいるようで実は即興でものを言っている様子をいいます。
タモリが赤塚不二夫の葬儀で8分にわたる弔辞を行いましたが、手にしていたメモは白紙であり、「現代の勧進帳」とも言われてましたね。

atakanoseki-003.jpg

駐車場へ車を停めて松林の中を少し歩くと関所後が見えてきました。

atakanoseki-001.jpg

atakanoseki-007.jpg

atakanoseki-005.jpg

右手に「源義経」「武蔵坊弁慶」そして関守の「富樫泰家」の大きな銅像が建っています。
武蔵坊弁慶は七代目松本幸四郎が、富樫泰家は二代目市川左團次がモデルとなっているそうです。源義経は分かりません(><)

atakanoseki-010.jpg
源義経

atakanoseki-009.jpg
武蔵坊弁慶は七代目松本幸四郎がモデル

atakanoseki-008.jpg
関守・富樫泰家は二代目市川左團次がモデル

そして左手には、案内所、カフェやお土産ものなどが入った建物と勧進帳ものがたり館というのがあった。
早速、カフェで休憩がてら、お土産ものを見て回る。

atakanoseki-023.jpg

やはり目を引くのは、九谷焼の小物や輪島塗の箸等々ご当地の名産品の数々、そしてなるほどと思ったのが、一行が難関の安宅の関を見事突破したことから、難関突破のお守りなどのグッズが多くあることです。
受験、就職、また難を逃れることから、交通安全などのお守りとして人気がありそうですね。

atakanoseki-024.jpg

atakanoseki-022.jpg

atakanoseki-021.jpg

atakanoseki-026.jpg

勧進帳ものがたり館は残念ながら時間がなかったのでパスしました。



安宅の関
石川県小松市安宅町タ−140−4
0761-21-6734
勧進帳ものがたり館
休館日:水曜日、年末年始
開館時間:午前9時~午後5時
料金:大人 300円、高校生以下 150円
※小松市在住の65才以上の方は無料
安宅ビューテラスは無料


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する