京都五花街の中でも一番古い「上七軒」

京都花街 上七軒

京都五花街の中でも一番古い花街「上七軒」を歩いてみました。
上七軒は、京都市上京区にある北野天満宮の向かって右側の真盛町から社家長屋町にかけての一帯に位置する花街です
前回の北野天満宮参拝の際、行けなかったので、今回は是非歩いてみたかった所です。

kamishiken-kyoto-002.jpg

kamishiken-kyoto-008.jpg

kamishiken-kyoto-011.jpg

北野天満宮の東門から今出川通りまでの小路が、上七軒で一番の通りです。
またこの通りから北野天満宮の間の一帯は、細い小路がたくさんあり、京都らしい町家も残る人気のエリアです。

kamishiken-kyoto-031.jpg

kamishiken-kyoto-048.jpg

そのお茶屋さんが立ち並ぶ上七軒の メインストリートのちょうど真ん中辺りで、京都らしい町家のカフェを見つけました。
外国人の観光客が多いのか、店の前のメニューの書かれたウェルカムボードは、何もかも英語で書かれています。
どうにかcaffeeの文字だけ読めたので入ってみると「モゼイク町家 上七軒」という外国人専用?の宿泊施設。
なので全て英語で書かれて居るんですね。

kamishiken-kyoto-046.jpg

kamishiken-kyoto-042.jpg

建物の奥が町家の風情をそのまま活かした客室で、入り口がカフェ&バーになっています。

kamishiken-kyoto-034.jpg

kamishiken-kyoto-037.jpg

奥の中庭も風情があります。
ちなみに置かれている上七軒のパンフレットも英語版です。

kamishiken-kyoto-038.jpg

と、いうわけで熱いコーヒーを飲みながら一服です。
あぁ、暖まりますね。
対応してくれたバイト君(大学生)も好青年で、雑談しながらお店の事やこの辺りの事を色々教えていただきました。
モゼイク町家 上七軒→http://mosaichostel.jp/

kamishiken-kyoto-029.jpg

kamishiken-kyoto-017.jpg

kamishiken-kyoto-061.jpg

kamishiken-kyoto-063.jpg

この上七軒の由来は、室町時代に北野天満宮の再建の際に残った機材を使って7軒の茶店を建てたことから上七軒と呼ばれるようになったそうです。
桃山時代には、豊臣秀吉が北野で大茶会を開いた折に茶店側は団子を献上したところ大いに誉められ、西陣との結びつきもあり、花街としての繁栄を極め、現在(2015年)は、お茶屋10軒、芸妓、舞妓合わせて31名いるそうです。
毎年春になると『北野をどり』が上演されているとのことですよ。

kamishiken-kyoto-010.jpg

kamishiken-kyoto-013.jpg

kamishiken-kyoto-020.jpg



京都花街 上七軒
京都市上京区真盛町~社家長屋町

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

お礼にお参りしてきました。 京都「北野天満宮」

北野天満宮
2016.12.28

年の瀬も押し迫った12月28日、京都北野天満宮へ行ってまいりました。
北野天満宮(きたのてんまんぐう)は、みなさんご存知の学問の神様、菅原道真公を祀り、福岡県の太宰府天満宮とともに天神信仰の中心となっています。

kitanotenmangu2-024.jpg

今年の初め、この北野天満宮へお参りいたしました。
おかげさまで今年一年は、良いことも悲しむべきことも多々ありましたが、無事一年過ごせた事が何よりだと、お礼に行かせていただきました。

今出川通りに面して建つ大鳥居。
すぐ右側に駐車場があるので便利です。

kitanotenmangu2-002.jpg

京の師走の風物詩として知らるジャンボ絵馬、今年初めに参拝したときは、今年の干支の「さる」のジャンボ絵馬が飾られていましたが、今回はすでに来年の干支「とり」のジャンボ絵馬が奉掲されていました。
これを見ると「あぁ、一年経ったんだなぁ」と実感しますね。

kitanotenmangu2-012.jpg

kitanotenmangu2-011.jpg

kitanotenmangu2-008.jpg

本殿前の中門までの参道には、天神さまのお使いとして、神牛の像が見られます。
頭や体を撫でるといいようで、皆さん撫でて行きます。
それに習って、今回も念入りに頭を撫でて来ました。

kitanotenmangu2-022.jpg

kitanotenmangu2-023.jpg

kitanotenmangu2-020.jpg

kitanotenmangu2-021.jpg

そして本殿前の中門は、日・月・星の彫刻があることから三光門と呼ばれます。
ただ、実際には星の彫刻はないとも言われていて「星欠けの三光門」とも。
「天神さんの七不思議」に数えられているそうです。

国宝となっている社殿にお礼の参拝です。

kitanotenmangu2-029.jpg

kitanotenmangu2-048.jpg

kitanotenmangu2-045.jpg

kitanotenmangu2-035.jpg

また境内には、梅を愛した菅原道真公ゆかりの梅の木50種約1500本が約2万坪の敷地に植えられていて、例年2月初旬から3月中旬まで公開されます。

kitanotenmangu2-014.jpg

kitanotenmangu2-039.jpg

kitanotenmangu2-026.jpg

この時期にも一度来たいものですね。

kitanotenmangu2-009.jpg



北野天満宮
京都市上京区馬喰町
075-461-0005
楼門の開閉時間
4月~9月 5時~18時
10月~3月 5時30分~17時30分
境内の拝観は自由です。
開場時間 9時~17時
*毎月25日は、縁日のため駐車できませんので公共交通機関でお越しください。但し、第2駐車場(今出川通七本松東側)には約40台駐車できます。


関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

ボリューム満点「中国料理 大福」のラーメンセット

中国料理 大福
2016.12.19

福井市にある「中国料理 大福」に行ってきました。
以前から何回もお店の前を通る度に、目立つこの看板を見ていて、一回は行って見たいと思っていました。
信号の角で駐車場も広く(10数台)分あります。

daifuku-fukui-014.jpg

聞いた話しでは、かなり人気店らしく昼時や晩飯時は満席の時が多くて、断念して帰るお客さんもザラにいるらしい。
行った時は、昼のピークをちょっと過ぎた頃だったので、空いていて難なくテーブルに座れました。

daifuku-fukui-013.jpg

「大福」さんは、定員さんが中国人の方で、カタコトの日本語で対応してくれました。
但し、無表情で愛想は全くなし。
中国式なのか、慣れない日本で緊張しているのか?
厨房とのやり取りは中国語なので、中国人の方か台湾人の方のお店なのでしょうか?

daifuku-fukui-005.jpg

daifuku-fukui-001.jpg

メニューは流石に大衆中国料理店らしくて多い。
一通りの料理は書いてあった。
セットメニューも豊富で、ラーメン8種類の中から一つと、ご飯もの10種類の中から一つ選んで、昼のランチだと700円(夜は150円増し)という具合です。
他に定食も数種類あるし、何より値段がかなりお安い。

daifuku-fukui-008.jpg

んで、注文したのは、醤油ラーメンと回鍋肉丼のセット700円。
カタコトの日本語しか話せないみたいですが、こちらの言うことは分かるみたいでした。
料理名しか言ってないから当然か‥。

daifuku-fukui-006.jpg

運ばれてきた「醤油ラーメン」と「回鍋肉丼」は、セットなのに両方共普通サイズで、これは食べれるかな?とびっくり。

daifuku-fukui-009.jpg

daifuku-fukui-010.jpg

醤油ラーメンはクセのない美味しいラーメンですが、「こりゃあ旨い」と言うほどでもなく普通。

daifuku-fukui-007.jpg

回鍋肉丼、味付けは凄く良く旨い。
だが、キャベツばかりで肝心のお肉が‥。
極端に少ない。
(いつも行く敦賀の北京亭に比べて)
これで回鍋肉丼なのか?と思うばかりでした。
ボリューム的にも普通のより少し少ないかな?
2つとも楽々食べれましたから。

しかし、セットと言うこと(普通セットだとご飯は半分サイズ)や700円という事を考えると、コスパは高い。
他のものも食べたいので、今度は「豚骨ラーメン」と「天津飯」にしようと思います。

daifuku-fukui-011.jpg

ちなみにこちらは「あんかけチャンポン」

また行きたい度 5点中3.5点



中国料理 大福
福井市西開発1-2501 ヤシマビル1F
0776-53-0338
営業時間 11:00〜14:30 17:30〜25:00
定休日 無休

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ちゃんぽん亭総本家 今津店の「豚そばブラック」

ちゃんぽん亭 今津店
2016.12.18

先日、ちゃんぽん亭の高月店へ行ったんですが、いつもの「豚そば」ではなく「味噌ちゃんぽん」を食べ、やっぱり「豚そば」だな、と思った事もあり、今回はちゃんぽん亭の今津店で「豚そば」をと、行ってきました。

chanpontei-imazu2-018.jpg

ちゃんぽん亭は、近江ちゃんぽんの専門店で、50数店舗を展開するチェーン店です。
メニューは「ちゃんぽん」系と「豚そば」系の2系統あります。
いつもは「豚そば」を食べます。

今津の中心部から南へ、湖西道路との交差点の数百メートル手前にあります。
信号の角です。
駐車場も10数台分あります。
行ったのは午後8時頃で、先客はパラパラでした。

chanpontei-imazu2-001.jpg

chanpontei-imazu2-004.jpg

よくよくあらためてメニューを見ると、豚そばにも5種類ほどバリエーションがありました。
豚そばにネギ豚そば、肉豚そば、豚そばブラックとあんかけ豚そばです。
で、注文したのは、豚そばブラック。
腹ペコだったので、ついでにチャーハンに唐揚げ、餃子のフルセットで。

chanpontei-imazu2-009.jpg

chanpontei-imazu2-015.jpg

chanpontei-imazu2-016.jpg

豚そばは、それほどブラックでは無い。
焦がしマー油とニンニクが効いて溜まり香ばしい醤油味。
普通の豚そばは豚肉の甘みがでて円やかな甘さがあるスープですが、ブラックはその豚肉の甘みが感じられない。
ニンニクや醤油の味に負けてしまっているのか?

chanpontei-imazu2-013.jpg

chanpontei-imazu2-017.jpg

チャーハンはパラパラ感があって美味しかった。
唐揚げは普通に美味しいが、マヨネーズじゃなく塩で食べたかったかな。
餃子もまぁ普通に美味しかった。

chanpontei-imazu2-011.jpg

こちらは、ネギ豚そばです。
スープだけいただきましたが、やはり甘みがあって旨い。

また行きたい度 5点中3.5点



ちゃんぽん亭総本家 今津店
滋賀県高島市新旭町饗庭4162-1
0740-37-6616
営業時間 11:00-23:00
定休日 無休

関連記事

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
自動車保険を見直しませんか?
一括見積【無料】
自動車保険
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
日本の蒸気機関車3選
「C57」「C62」「D51」 このポストカードは、国鉄車両設計図を基に細密な線で描かれた版画「日本の名蒸気機関車12選(画・前田浩利)」の貴重な原画をもとに制作されたものです。 交通博物館にも所蔵されているもので、写真と見間違うばかりで、とても手書きで描かれた版画とは思えません。

NEXCO中日本オンラインモールで販売 ← クリック

直接お問い合わせ 
小澤工芸メール
敦賀太郎のブログ

お得で便利

車のトラブル一発解決

JAF

ホテル・旅館を探すなら

>>人気ホテルの価格を今すぐチェック<<

かんたん発行

ETCカード

ドメイン取るならお名前.com

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

送料無料の情報が満載!

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
福井・若狭からの贈り物
400年の伝統 若狭塗り箸
福井・若狭からの贈り物 椿油
nexcologo.jpg

わかさ椿油は、若狭湾の椿を採り、生搾り、無添加・非加熱の100%純国産椿油です。


tsubaki-fc-001.jpg tsubaki-fc-002.jpg

ブレゼント用にラッピング


お肌や髪になじみやすい化粧用油です。ツバキ油は、髪をつややかにするだけではなく、頭皮や肌荒れにも効果的な成分を含み、美しい髪やお肌に最適です。

tsubaki-fc-004.jpg

椿みつ朗スキンクリーム


tsubaki-fc-005.jpg

全身ローション わかさ椿


tsubaki-fc-006.jpg

わかさ椿 玉肌ローション

検索フォーム
カテゴリ