ラーメンごんろく 京都府宇治市

ラーメンごんろく
2016.10.22

京都は宇治市の「ラーメンごんろく」さんに行ってきました。
目指すお店は、宇治市の市内の大久保町って所なんですが、土地勘が全くないのでオールナビ頼りでした。

gonroku-uji-016.jpg

お店はすぐ分かったんですが、駐車場がお店の横に2台分しかない。
午後1時半頃に行ったら当然駐車場は空いていなかった。
店の裏側は住宅街で、道は狭く止める場所が見当たらない。
近くにコインパーキングがありましたが満車。
仕方ないのでお店の横手辺りで待つか。
と、その時、一台の車が出て行くではないか!
「よっしゃ」とばかりに小躍りして無事駐車。
通し営業しているので、車で行くなら最低2時過ぎに行った方がいいようです。

gonroku-uji-014.jpg

店内は、昔ながらの下町の大衆ラーメン店然として、年配のご主人と奥さんと二人でお店をやっているようでした。
お二人とも愛想がよく、また店内も綺麗にされているので、気持ちのいいお店です。

gonroku-uji-002.jpg

テーブル席が3つとカウンター席が5席ほどのこじんまりとしたお店なので、この時はテーブル席は満席。
なので自然とカウンター席へ。

gonroku-uji-015.jpg

メニューは、醤油、味噌、ピリ辛、白湯などほぼ定番なラーメンと、濃厚魚介ラーメン、デラックスラーメン。
デラックスってどんなんかな?と話していると、
奥さんが「脂身のある肉のかたまりが入ってるんですよ」と教えてくれました。
「じゃ、デラックスと濃厚魚介をお願いします」
と、気になった濃厚魚介を注文しました。

gonroku-uji-013.jpg

出てきたデラックスラーメンは、ビックリの分厚い脂身たっぷりのチャーシューが3枚!、と言うか、これはもう肉のかたまりなので3個と言うべきか。

gonroku-uji-010.jpg

流石に食べ応えがある。
そして美味しかったです。

gonroku-uji-008.jpg

gonroku-uji-007.jpg

スープは醤油ラーメンのスープで、これもバランス抜群で美味い。
どちらかと言うと、京都屋台風の京都ラーメンを優しくした感じです。
これで850円はかなり嬉しい価格設定。

gonroku-uji-011.jpg

gonroku-uji-005.jpg

濃厚魚介ラーメン(700円)は、なかなか名前通りの濃厚そうな見た目です。
しかし濃厚ガッツリの魚介ではなく、柔らかな優しい風味でクセがない。
香りもいい。
こちらもとにかくバランスがいい。
麺は細麺で、甘濃ゆいスープに良く合います。

また行きたい度 5点中4.5店



ラーメンごんろく
京都府宇治市宇治池森20−1
0774-21-8156
営業時間 11:00~20:00
定休日  月・木曜


テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

京都府宇治市の「源氏の湯」

源氏の湯
2016.10.22

宇治、平等院を歩き回った後は、やっぱり温泉に浸かって帰ろう、ってことで同じ宇治市にある日帰り温泉「源氏の湯」に行ってきました。

genjinou-uji-017.jpg

平等院から車で15〜20分ぐらい城陽市方面へ。
左側にあるんですが、ちょっと奥まったところなので、看板をお見逃しなくです。

genjinou-uji-014.jpg

genjinou-uji-011.jpg

「源氏の湯」の建物は日本家屋の風情があります。
一見、外観は料理屋みたいです。
屋内も床も板張り、お風呂への廊下は畳張り。

genjinou-uji-009.jpg

genjinou-uji-007.jpg

そのお風呂は、内風呂が三槽あり、露天風呂、そしてサウナが2つ。
露天風呂は広い。
もっとも市内にあるので、竹などでの囲いがあり、また屋根もあるので、その隙間からでしか外は見えない。
でも外の空気と開放感は感じられます。

サウナはフィンランド式のロウリュウサウナと塩サウナの2つ。
ロウリュウとは加熱されたサウナストーンにアロマ水を注ぐことにより、マイナスイオンを含んだ蒸気を発生させるという本場「フィンランド」で行われているサウナ浴です。
これにより体感温度が一気に上がり、新陳代謝を促進、身体の老廃物を取り除く効果があると言われています。

もう1つは、塩サウナです。
ご存知、塩サウナではサウナの中で全身に塩を塗りこめるんですが、入ってみるとサウナの中央に山盛りの塩がありました。
これは嬉しい。
よく塩サウナのある温泉施設があるんですが、塩が置いてないところが多いのです。
塩の代わりに「塩はカウンターで別途お買い求めください」と書いた張り紙が‥。
ここのサウナは山盛りで使いたい放題です。
早速、顔から爪先まで塩塗りたくりました。
ドッと汗が噴き出します。
これは塩を塗りこんだ部分は塩分濃度が濃いので、薄めようと体内から水分を大量に排出するからです。
また汗をかいて毛穴が開いた状態のところへ塩が入ってきて、老廃物や毛穴に詰まっていた汚れを書き出してくれる。
そのため、肌がつるつるになるのです。
いい事づくめですね。

genjinou-uji-013.jpg

genjinou-uji-012.jpg

genjinou-uji-006.jpg

この「源氏の湯」は、地下1111mより湧き出る天然温泉で、ナトリウム・カルシウム―塩化物泉(中性等張性低温泉)。
また、1200ppmの高濃度炭酸泉で、入浴すると炭酸ガスが皮膚より吸収され毛細血管が開き血流を良くする働きがあり、新陳代謝を促進させるといわれています。



源氏の湯
京都府宇治市大久保町大竹52番地
0774-41-2615
営業時間 朝10時~深夜1時(最終受付深夜12時)
定休日 年中無休(※施設点検日を除く)
大人・・・1,000円(中学生以上)
子供・・・500円(4歳以上~小学生以下) 3歳以下無料

テーマ : 日帰り温泉
ジャンル : 旅行

平等院表参道と宇治川沿いを歩く

平等院表参道と宇治川
2016.10.22

先の平等院、普通は「表参道」を通って「正門」から入るのでしょうが、駐車場の関係で「南門」からの拝観でした。
なので、逆周りになりましたが、また「南門」から出て、そこから近い「宇治川」沿いから「表参道」の方へ行ってみました。

byodouin-sando-053.jpg

byodouin-sando-066.jpg

byodouin-sando-074.jpg

この「宇治川」沿いも情緒がある石畳の道で、舟遊びや鵜飼の船着場、お茶屋さん、一服処が建ち並んでいます。
また目の前に中洲があり、ここへ渡る橋も掛かっていて、歩いて行けるようになっています。

byodouin-sando-073.jpg

byodouin-sando-050.jpg

byodouin-sando-048.jpg

byodouin-sando-057.jpg

それにしても通りには、抹茶などがいただけるお店が多い。
そして抹茶ソフトクリームが売られている。
思わずその中の一軒、「福寿園」さんで、抹茶ソフトクリームで一服です。

byodouin-sando-045.jpg

byodouin-sando-044.jpg

byodouin-sando-041.jpg

驚いたのは、抹茶の味が今までどこで食べたのよりも濃い。
さすがにお茶の名産地宇治だなぁ、と感心。
本当の抹茶ソフトクリームを食べたような気がしました。

宇治川をまったりと歩いて行くと、左は平等院正門、右へ行くと表参道と書いてあります。
こちらも室町時代から続く宇治茶の老舗がずらりと並び、お茶の香りと宇治の特産品のお店、甘味処など充実した歴史ある表参道が宇治橋まで続きます。

byodouin-sando-031.jpg

byodouin-sando-027.jpg

byodouin-sando-025.jpg

byodouin-sando-021.jpg

byodouin-sando-014.jpg

そしてほとんどのお店にソフトクリームの看板があります。
もう食べれませんでしたが‥。

byodouin-sando-011.jpg

byodouin-sando-010.jpg



平等院表参道
京都府宇治市

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

10円玉にデザインされている京都宇治の平等院鳳凰堂

平等院鳳凰堂
2016.10.22

京都宇治にある平等院に行って来ました。

byodouin-uji040.jpg

平等院の鳳凰堂と言えば、京都府宇治市にある藤原氏ゆかりの寺院で、10円玉にデザインされている建物でも有名ですよね。
歴史は古く、平安時代後期・11世紀の建築「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。
山号は朝日山、宗派は17世紀以来天台宗と浄土宗を兼ね、現在は特定の宗派に属さない単立の仏教寺院となっています。
本尊は阿弥陀如来、開基は藤原頼通、開山は明尊。

byodouin-uji032.jpg

この平等院の駐車場は「南門」近くに多数あるので、車で行ったらこちらを利用します。
1日700円でした。

byodouin-uji108.jpg

byodouin-uji105.jpg

南門から入ると(大人600円)ミュージアムの後ろ側を通り、浄土院、羅漢堂、不動堂などを経て、鳳凰堂の右手に出ます。

byodouin-uji103.jpg

byodouin-uji095.jpg

byodouin-uji087.jpg

byodouin-uji072.jpg

byodouin-uji065.jpg

ここに寺事務所があって、その前に鳳凰堂の建物の中に入る受付所があります。
この中を拝観するには、別途300円が必要なのですが、案内の方が中を案内し説明もしてくれるそうです。

byodouin-uji046.jpg

byodouin-uji047.jpg

ただ人気のスポットなので、かなり行列が出来ていて、待ち時間が気なるところです。
この日も受付所で聞くと1時間近く待たなければならないとの事で断念し、鳳凰堂の周りを一周することに。

byodouin-uji037.jpg

byodouin-uji031.jpg

そしていよいよ鳳凰堂の正面に来ました。
池を挟んでこの場所が、10円玉にデザインされている景色です。
本当に左右対象なんですね。
池に映った鳳凰堂が美しいですね
この時はいませんでしたが、10円玉と並べて記念撮影される方も結構いるんだそうです。

byodouin-uji022.jpg

byodouin-uji014.jpg

そしてミュージアム鳳翔館へ。
先ほどはこの裏手を通ってグルっと廻って正面に来ました。
建物は近代的ですが、入り口は古墳に入るような感じです。
ここには仏像、絵画、また歴史などの解説などがあり、大変興味深いものでしたよ。

byodouin-uji001.png

この京都南郊の宇治の地は、『源氏物語』の「宇治十帖」の舞台で、9世紀末頃、光源氏のモデルともいわれる左大臣で嵯峨源氏の源融が営んだ別荘だった。
その後、宇多天皇に渡り、天皇の孫である源重信を経て長徳4年(998年)、摂政藤原道長の別荘「宇治殿」となったもの。
道長の子の関白・藤原頼通が、永承7年(1052年)、宇治殿を寺院に改めた。
これが平等院の始まりだそうです。



平等院
京都府宇治市宇治蓮華116
0774-21-2861

拝観時間
庭園 開門 午前8:30 閉門 午後5:30
平等院ミュージアム鳳翔館 開館 午前9:00 閉館 午後5:00
鳳凰堂内部 受付 午前9:10~午後4:10
※午前9:30より拝観開始、以後20分毎に1回50名様
※内部拝観希望者が多数の場合は最終受付以前に終了する場合もございます。ご了承下さい。
※法要・行事等により、内部拝観をお休みすることがございます。

拝観料
庭園+平等院ミュージアム鳳翔館 大人600円 中高生400円 小学生300円
鳳凰堂内部拝観 別途ご志納金 お一人300円が必要です。


テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
自動車保険を見直しませんか?
一括見積【無料】
自動車保険
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
日本の蒸気機関車3選
「C57」「C62」「D51」 このポストカードは、国鉄車両設計図を基に細密な線で描かれた版画「日本の名蒸気機関車12選(画・前田浩利)」の貴重な原画をもとに制作されたものです。 交通博物館にも所蔵されているもので、写真と見間違うばかりで、とても手書きで描かれた版画とは思えません。

NEXCO中日本オンラインモールで販売 ← クリック

直接お問い合わせ 
小澤工芸メール
敦賀太郎のブログ

お得で便利

車のトラブル一発解決

JAF

ホテル・旅館を探すなら

>>人気ホテルの価格を今すぐチェック<<

かんたん発行

ETCカード

ドメイン取るならお名前.com

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

送料無料の情報が満載!

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
福井・若狭からの贈り物
400年の伝統 若狭塗り箸
福井・若狭からの贈り物 椿油
nexcologo.jpg

わかさ椿油は、若狭湾の椿を採り、生搾り、無添加・非加熱の100%純国産椿油です。


tsubaki-fc-001.jpg tsubaki-fc-002.jpg

ブレゼント用にラッピング


お肌や髪になじみやすい化粧用油です。ツバキ油は、髪をつややかにするだけではなく、頭皮や肌荒れにも効果的な成分を含み、美しい髪やお肌に最適です。

tsubaki-fc-004.jpg

椿みつ朗スキンクリーム


tsubaki-fc-005.jpg

全身ローション わかさ椿


tsubaki-fc-006.jpg

わかさ椿 玉肌ローション

検索フォーム
カテゴリ