中華そばとチャーシュー丼 三ッ星屋福井駅前店

中華そば 三ッ星屋
2016.06.27

福井市北ノ庄にある「中華そば 三ッ星屋」に行って来ました。
一応、福井駅前店とありますが、場所は西武百貨店の裏側、栄パーキングの前辺り。
福井駅からだと少し歩く距離、まっ広い意味で駅前ですかね。
この辺りは雑居ビルや有料駐車場が多く、繁華街の裏通りなのでごちゃごちゃしている所。
なので路駐禁止だし車を止めようにも店の専用駐車場はない。
有料駐車場に止めるしかないのだが、1時間200~300円必要だ。
店は昼の営業しかしていないらしい。
この場所で昼だけとは勿体ないですね。

mitsuboshiya-fukui-002.jpg

店はこじんまりしていて店内もコンパクト。
入ったところに食券機があり、靴を脱いで上がるというラーメン屋さんには珍しいスタイル。
以前は喫茶店?スナック?小料理屋?なんて思いながら、食券を買おうとしたら、
「すいません、今釣銭切れですので、お席に注文伺いにまいります」
と席に案内された。
こちらとしては、発券機の前で悩むより、席についてメニューを見て決めた方がいいので、その方が良かった。

mitsuboshiya-fukui-006.jpg

メニューを見ると、やはりセットメニューがあって悩む。
しかし満席に近い状態で、そうそう時間をかけていられない。
それで中華そば650円とチャーシュー丼300円のセットに。

mitsuboshiya-fukui-011.jpg

mitsuboshiya-fukui-010.jpg

結局いつもと変わらんなぁ、と食べ放題のキムチをつまんで待つ。
キムチは、辛さ程よく美味しいキムチです。

mitsuboshiya-fukui-017.jpg

ラーメンは澄んだ醤油色のスープではなく、白濁としている。
麺は細ストレート麺で、柔らかめ。
ちょっと固めが好きですがこれでも十分美味しかった。
チャーシューは箸でつまむと崩れるぐらい柔らかくてあっさり。
あと太いメンマがコ゜ロコ゜ロと乗ってましたが、これも柔らかくで美味しい。

mitsuboshiya-fukui-015.jpg

mitsuboshiya-fukui-019.jpg

mitsuboshiya-fukui-021.jpg

強いて言えばもう少し熱くても良かったか...。
背油がない分、またモヤシを乗せる分、冷めるのが早いのかな?

mitsuboshiya-fukui-014.jpg

チャーシュー丼がこれまた絶品。
これまで食べたチャーシュー丼の中で一番じゃないかな、ってぐらいでこれだけでも食べに来たいと思いました。
ネックは駐車場問題だけですね。

mitsuboshiya-fukui-023.jpg

mitsuboshiya-fukui-007.jpg

あわら温泉にも三ッ星屋ってあるので、店主さんに聞いてみたら、全く関係なく、ウチは単独でやっているとのことでした。
単に名前が一緒なだけ?みたいです。

また行きたい度 5店中4点



中華そば 三ッ星屋
福井市中央1-19-1 1F
070-5634-1133
営業時間 11:30~14:30 スープ無くなり次第終了
定休日 水曜日

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

そば亭 たぬき 大きな古民家のお店

そば亭 たぬき
2016.06.22

越前市(旧武生市内)の「そば亭 たぬき 」さんへ行ってみました。
国道8号線から武生駅の方へ行く途中、日野川に架かる万代橋の手前左側にあります。
まっすぐ日野川を渡り北陸線を越えると行くと武生駅前のループに通じる道です。

tanuki-echizenshi-001.jpg

tanuki-echizenshi-004.jpg

幾度となくこの道は通っていて、その度に大きく立派な古民家の蕎麦屋さんがあるなぁ、と思っておりました。
店の前には、古民具や置物なんかが並べられており、何だか凝ったお店だなぁ、と。

tanuki-echizenshi-012.jpg

tanuki-echizenshi-006.jpg

この時は、ちょうど夕刻で小腹が空いたので、何気なく入ってみました。
店内も大きな建物なので広く、そしてすべて木調で凝っています。
仕切られた奥のスペースは座敷になっていて小宴会も出来るようです。

tanuki-echizenshi-011.jpg

tanuki-echizenshi-010.jpg

書が彫られた木の板が数多く飾られていました。
(残念ながら書は達筆すぎて読めない)

tanuki-echizenshi-007.jpg

メニューは蕎麦が中心で(一部うどん)ご飯類は「かやくごはん」のみで、丼ぶり物はない。
んで、軽くというつもりだったので「ざるそば」のみ注文。

tanuki-echizenshi-014.jpg

tanuki-echizenshi-015.jpg

蕎麦はコシがあって、ツユもかつおが効いて美味しかったです。
あと蕎麦湯もお願いしいただきました。

帰りに気になっていた「書が彫られた木の板」の事を店主の親爺さん聞いてみると、親爺さんが自ら彫って作っているとのこと。
横の仕切られたスペースが、その工房でギャラリーになっているので見て行って下さい、と。
興味があったので当然お邪魔しました。

tanuki-echizenshi-025.jpg

tanuki-echizenshi-016.jpg

tanuki-echizenshi-017.jpg

tanuki-echizenshi-024.jpg

何でも大きい物だと、お寺の山門や本堂に掲げてある「○○寺」とかの額?看板?も頼まれて制作するのだとか。
中には大相撲の軍配もあって、これはあの行司の木村庄之助に作ったものと同じ物だとか。
凄いなぁ、こんなの小さいものでもいいから作ってみたいなぁ、なんて思いましたが、こりゃまず字が書けんと話にならんなぁと一瞬で断念。

tanuki-echizenshi-027.jpg

tanuki-echizenshi-021.jpg

しかし来てよかったな、と思いましたよ。
ここの親爺さんは、「福井刻書会」っていうのがあって、そこの理事で、教室もされているさうです。



そば亭 たぬき
越前市村国1-7-1
0778-23-5420
営業時間 11:00から20:00
定休日 特に無いようです(ほぼ年中無休かな)

テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

若狭の天然温泉 わたつみの湯

はまなす温泉わたつみの湯
2016.06.18

若狭和田にある天然温泉「わたつみの湯」へ行ってきました。
海水浴場の近くにあるので「若狭湾を望む絶景の露天風呂は、一見の価値ありです。」なんて書いてあります。

watatsuminoyu-010.jpg

高浜からの帰りに前回定休日で涙を飲んだリベンジです。
高浜からは数分、砂浜がずっと和田まで続いている。
国道ではなく海側の道路を行くとずっと民宿や旅館が立ち並んでいます。
凄い件数で、かつて「若狭の海水浴場と言えば、高浜か和田」と言われていた事もうなずけます。
しかしながら海水浴シーズン以外は閑散としたエリアです。

watatsuminoyu-003.jpg

建物は結構新しいようで、喫茶店かレストランみたいですね。

watatsuminoyu-005.jpg

ここの温泉には、なんと岩盤浴もある。
しかしこの岩盤浴も楽しもうと思うと2000円します。
温泉のみの料金だと780円。
ここは思案のしどころです。
という訳で、突然頭ん中で緊急会議が始まった!
岩盤浴しようと思うと時間がかかるし‥。
けど、せっかくなので、暖ったかい岩の上に寝そべりたいし‥。
しかし2000円もするしなぁ、ってことで、あっけなく今回は断念することになりました。
意外とあっさり緊急会議終了。

watatsuminoyu-004.jpg

内風呂は源泉の湯、ちょっと熱めとぬるめの湯、それに水風呂がありました。
水風呂があるということは、サウナがあるな、と見回すと、中にはないので、露天風呂のある外に出てみるとありました。
サウナの温度設定はひくめですが、湿気が多いのか無茶苦茶熱く感じました。
今回も汗ダクです。
けどスッキリですね。

watatsuminoyu-011.jpg

お客さんは、海水浴シーズンではないので、地元の人がほとんどのようです。
因みに気になってた岩風呂の事を聞いてみると、
私「ここの岩風呂はどうですか?」
客「岩風呂?入ったことないですわ〜」
と、アッサリ言われました。
結局3人に聞いたんですが、誰も入ったことがないんだとか‥w」

watatsuminoyu-008.jpg

watatsuminoyu-006.jpg

watatsuminoyu-007.jpg



はまなす温泉わたつみの湯
福井県大飯郡高浜町和田110-20-18
0770-72-5000
営業時間 10:00~22:00
休業日 毎週木曜日(夏季を除く)
料金 大人780円 子供400円

テーマ :
ジャンル : 旅行

瓜割の滝とアジサイの名水公園

瓜割の滝と名水公園
2016.06.18

「瓜割の滝」は、全国名水百選に選ばれている山あいの岩間から湧き出る清泉です。
駐車場のすぐ近くには「若狭瓜割名水公園」として整備されていて、庭園内には、1万株ものアジサイや、桜、モミジなどが植えられています。

uriwarinotaki-006.jpg

uriwarinotaki-008.jpg

uriwarinotaki-015.jpg

6月のこの時期はアジサイだな、と思いたって行ってみました。
が、満開という訳ではなく、ちょっと時期がずれていたかなと‥。
ひと回りして、瓜割の滝の水ひと口飲んで帰ることにします。

uriwarinotaki-041.jpg

uriwarinotaki-045.jpg

uriwarinotaki-042.jpg

uriwarinotaki-049.jpg

瓜割の滝は、駐車場から少し山に入ったところにあるんですが、実は駐車場脇に蛇口があり、飲めたり、ポリ缶やペットボトルに汲めるようになっています。
以前初めて来た時、ちょっと拍子抜けしました。
しかし、人が絶え間なく来ていて、休日なんかは行列になります。

uriwarinotaki-013.jpg

というわけで、口をゆすぎひと口だけ飲んできました。
瓜が割れるというほど冷たくはなかったですけどね。

uriwarinotaki-009.jpg

岩間から湧き出る瓜割の滝は、木の間から光が差し込むといった感じの静かな森林の中にあり、付近の岩には苔が群生するといった幻想的なところにあります。

uriwarinotaki-004.jpg

この清泉は、夏でも瓜も割れるほど冷たいことからこの名がつけられたと云われています。
一年を通して水温が変わらず、幾重もの地層が自然のフィルターとなり、長い歳月をかけてろ過され、純度の高いミネラル成分を含んだ水、ということです。

uriwarinotaki-035.jpg

uriwarinotaki-023.jpg

uriwarinotaki-022.jpg

この滝周辺は元々「水の森」と呼ばれる修験者の修行地で、また朝廷の雨乞いを司る祈祷所だったそうです。
なので、か?どうか分かりませんが、高野山真言宗のお寺で泰澄大師の開基と伝えられている「天徳寺」というお寺があります。
平安時代に村上天皇の勅願寺となり、その時の年号天徳が名付の由来と言われています。

uriwarinotaki-020.jpg

uriwarinotaki-001.jpg

また近くにある馬頭観世音は、養老年間、天徳寺の開基、泰澄大師が宝篋ヶ山で彫ったと伝えられ、その後天徳年間にここへ移されたということで、17年ごとに中御開帳を行っているそうです。



瓜割の滝
福井県三方上中郡若狭町天徳寺

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
自動車保険を見直しませんか?
一括見積【無料】
自動車保険
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
日本の蒸気機関車3選
「C57」「C62」「D51」 このポストカードは、国鉄車両設計図を基に細密な線で描かれた版画「日本の名蒸気機関車12選(画・前田浩利)」の貴重な原画をもとに制作されたものです。 交通博物館にも所蔵されているもので、写真と見間違うばかりで、とても手書きで描かれた版画とは思えません。

NEXCO中日本オンラインモールで販売 ← クリック

直接お問い合わせ 
小澤工芸メール
敦賀太郎のブログ

お得で便利

車のトラブル一発解決

JAF

ホテル・旅館を探すなら

>>人気ホテルの価格を今すぐチェック<<

かんたん発行

ETCカード

ドメイン取るならお名前.com

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

送料無料の情報が満載!

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
福井・若狭からの贈り物
400年の伝統 若狭塗り箸
福井・若狭からの贈り物 椿油
nexcologo.jpg

わかさ椿油は、若狭湾の椿を採り、生搾り、無添加・非加熱の100%純国産椿油です。


tsubaki-fc-001.jpg tsubaki-fc-002.jpg

ブレゼント用にラッピング


お肌や髪になじみやすい化粧用油です。ツバキ油は、髪をつややかにするだけではなく、頭皮や肌荒れにも効果的な成分を含み、美しい髪やお肌に最適です。

tsubaki-fc-004.jpg

椿みつ朗スキンクリーム


tsubaki-fc-005.jpg

全身ローション わかさ椿


tsubaki-fc-006.jpg

わかさ椿 玉肌ローション

検索フォーム
カテゴリ