FC2ブログ

山代温泉の総湯と古総湯

山代温泉 総湯・古総湯
2019.02.15

加賀四大温泉「総湯」めぐり、山中温泉、片山津温泉、粟津温泉と巡ってまいりましたが、最後4ヵ所目は「山代温泉」の「総湯」と「古総湯」です。

yamashirosou-kaga-008.jpg

「総湯」とは、共同浴場なんですが、江戸時代の温泉場は、「総湯」を中心として、まちが造られていたそうです。
「総湯」の周りに温泉宿が立ち並び、湯治客はこの「総湯」に通ったりして長逗留していました。
そして、北陸特有の呼び方として、「総湯」を中心とした周囲の街並みを「湯の曲輪(ゆのがわ)」と言っています。

山代温泉には2つの公衆浴場「総湯」と「古総湯」があります。
せっかくなので、2つとも入ることにします。

yamashirosou-kaga-007.jpg

「古総湯」は、温泉に浸かって楽しむだけというところ、洗い場等がないので、先に「古総湯」に浸かり、後で「総湯」の方へ。
特に決められた順番はないので、逆パターンでも構いませんが、着替え、使用タオルなどを考えて「古総湯」→「総湯」の順にしました。

yamashirosou-kaga-009.jpg

「古総湯」は、温泉場の中心にありました。
石畳の道路がロータリーみたいになっていて、その真ん中にドンと古風な建物が。
「古総湯」を中心としたロータリーの外側に、ホテル、旅館、商店が立ち並んでいます。
これが「湯の曲輪」という街並みの形態なんですね~。
いい雰囲気です。

yamashirosou-kaga-011.jpg

yamashirosou-kaga-012.jpg

「古総湯」の受付は男女別々で、券売機は女湯側にあります。
入浴料は「古総湯」500円、「総湯」450円で、共通券が700円です。

yamashirosou-kaga-015.jpg

明治時代の総湯を復元したというだけあって、外観も内装も超レトロ。
そして簡素。
靴を脱いで入ると、すぐ浴室になっており、脱衣場はなく、その浴室の一画に棚があるだけ。
ここは昔からお湯に浸かって楽しむだけのところなんでこれでいいんでしょうね。
浴槽は真ん中にドンと1つ。
一ヶ所から源泉が注がれています。
先ほど50℃あるから気を付けて、と言われた源泉です。
なのでお湯は少々熱めでした。
無味無臭でサラサラのお湯です。
浴室の床は九谷焼のタイル、壁は漆塗りと、当時のまま復元されています。
2階には休憩所もあるようですよ。
まぁ、お湯に浸かるだけなので、滞在時間20~30分ぐらいでしたかね。

yamashirosou-kaga-014.jpg

yamashirosou-kaga-018.jpg

そして今度は「総湯」の方へ。

yamashirosou-kaga-019.jpg

「総湯」が建つ場所は「古総湯」と道を挟んですぐ前で、魯山人ゆかりの旧吉野屋旅館の跡地。
こちらは、加水なしの100%源泉の共同浴場て、シャワーも洗い場もあります。

yamashirosou-kaga-022.jpg

歴史と格式を感じさせる吉野屋の門をくぐって入ります。

yamashirosou-kaga-024.jpg

入ってすぐに、券売機がありますが、先ほど買った半券を渡せばOKです。
こちらは脱衣場もありました。

yamashirosou-kaga-028.jpg

yamashirosou-kaga-030.jpg

受付で「貴重品はそこにある貴重品ロッカーに入れて下さい」と。
なるほど脱衣場に鍵の掛かるロッカーはなかった。
浴室は同じような大きさの湯船が2つ。
同じお湯ですが、1つの浴槽は少々深い。
段になってるんですが、そこに腰かけるとちょうど肩が浸かるぐらいの深さ。
もう1つは普通で、底に腰かけるとちょうどの深さです。
こちらのお湯も無味無臭でサラサラです。

yamashirosou-kaga-025.jpg

参考までに、「古総湯」と「総湯」の泉質は同じと思っていましたが、微妙に違うんだそうです。
入っても分かりませんけどね。
売店の温泉玉子ソフトクリームも人気だそうです。



山代温泉 総湯・古総湯
加賀市山代温泉万松園通2番地1
0761-76-0144
営業時間 06:00〜22:00
休業日 各月の第4水曜6:00〜12:00まで
(正午から通常営業)
泉質
「総湯 」
ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
単純温泉(低張性・弱アルカリ性・温泉)の混合泉
「古総湯」
ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)



テーマ : 日帰り温泉
ジャンル : 旅行

粟津温泉 総湯 北陸加賀の温泉郷

粟津温泉 総湯
2019.02.02

石川県の加賀4大温泉郷の一つ「粟津温泉」の総湯です。
粟津温泉は、白山開山の祖、泰澄大師が開湯したといわれているので、1300年の歴史があります。

「総湯」と言うのは、前回もお話しした通り、簡単に言えば、温泉街にある公共浴場なのです。
涌き出る温泉を利用している銭湯みたいなもんですかね。

awazusou-kaga-003.jpg

で、4大温泉郷の総湯としては、山中温泉、片山津温泉についで、ここ粟津温泉が3軒目となり、残すところ「山代温泉」だけになりました。
別に全部制覇したからと言って、どおなるもんでもないんですがね。
記念品を貰えるわけでも、割引クーポン的を貰えるわけでもないですからね。
でも一軒行って見て、あと3件あると分かったら全部行きたくなりまよね、ふつう。

粟津温泉の総湯は、温泉街の入り口辺りにあり、総湯から奥に温泉旅館が建ち並んでいます。
総湯は幹線道路を背に建っているので、入口、駐車場は奥側にあるので、少し分かりにくい。

awazusou-kaga-002.jpg

駐車場は10台程度しかなく心配でしたが、タイミング良く1台分空いていたので、ラッキーでした。
建物は木造平屋のこぢんまりとしたもの。
最近建て替え移転したそうで、古風な造りですがまだ新しい。

awazusou-kaga-017.jpg

下駄箱もらしい造り。

awazusou-kaga-018.jpg

awazusou-kaga-013.jpg

そして中に入るて正面に待ち合い場所となる休憩スペース、右手に券売機、左手に受付カウンター。
入浴券は大人400円と激安。
但し中にボディソープ、シャンプーリンスの類いはないので、持参するか、受付で買うしかない。
ここの総湯は、券売機で買って受付で貰う、というスタイルで、ボディソープ、シャンプー、リンスとも40円とこれも激安。
40円のボディソープって、一回こっきりの使い捨て?て思ってたら、これが小さなボトルに入っていて、2回か3回は使えそうなちゃんしたもので驚きました。

awazusou-kaga-010.jpg

浴室はタイル張りで、石造りの大きな浴槽があました。
浴槽はこれだけです。
ここは、銭湯みたいなところなので、サウナも、露天風呂もない。

お湯は無色透明無臭で、けっこう熱め。
しかし肌になめらかなで、柔らかいお湯ですね。

awazusou-kaga-014.jpg

泉質はナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性中性温泉)。
源泉掛け流しではなく、循環式ではありますが、源泉が104L/minと豊富な湯量なので、源泉投入量はかなり多いようで、清潔感のあるお湯が大量に流れ足されています。

地元のお客さんも多く、休憩所には町内会のお知らせが張ってある。
そんな庶民的な温泉でした。

awazusou-kaga-007.jpg

総湯の近くにギネスブックにも載っている温泉旅館で最も古いという「法師」があります。

awazusou-kaga-006.jpg

awazusou-kaga-005.jpg

この法師の前の道路に松の木があって、これもまた見処なのかも知れない。

awazusou-kaga-006.jpg



粟津温泉 総湯
石川県小松市粟津町イ79
0761-65-1120
営業時間 08:00~22:00
定休日 毎月8のつく日定休
(土日の場合はその前後に変更))
料金 大人400円 小学生130円 未就学児50円


テーマ : 日帰り温泉
ジャンル : 旅行

加賀「別所温泉」は源泉100%かけ流し

別所温泉
2018.12.16

加賀市には、長い歴史と伝統のある温泉が多くあります。
なんと言っても「山中温泉」「山城温泉」「片山津温泉」「粟津温泉」の4大温泉郷が有名です。
一つの市、加賀市に4つもの温泉郷があるのも珍しい。
んで、今回は山代温泉から山中温泉へ向かう途中に湧き出た天然温泉「別所温泉」へ行ってきました。

bettshoonsen-kaga-001.jpg

ここはその「山中」とか「山代」とかの温泉郷と言ったものではなく、「別所温泉」という一軒の温泉施設。
施設の名前が「別所温泉」ってことです。
しかも日帰り温泉施設で、いわゆるこの辺りで言う「総湯」というもの。
「総湯」は「銭湯」や「共同浴場」と同じなので、ボディーシャンプー、シャンプー、リンスの類いは無く、もちろん販売はしていますが、自分で用意して行く必要があります。

bettshoonsen-kaga-004.jpg

幹線道路からちょっと入った住宅街の奥にあり、道を挟んで、以外と駐車場も多く、車で行っても安心です。
って言うか、車でしか行けないかも知れませんが…。
建物は大きくもなく、小さくもなく、ってところか…。

bettshoonsen-kaga-009.jpg

bettshoonsen-kaga-012.jpg

まず券売機で入浴料を。
大人一人440円です。
そして「脱衣場にロッカーが無いので、貴重品はこちらのロッカーに入れて下さいね」と。
貴重品ロッカーは無料です。

bettshoonsen-kaga-010.jpg

bettshoonsen-kaga-011.jpg

脱衣場に行ってみると、なるほど。
棚に並んだ籠しかない。
まっ、銭湯って位置付けですからね。

浴場は、大きな浴槽に水風呂、サウナ、外に出てみると露天風呂。
内風呂も露天風呂も源泉100%かけ流しだとか。
また飲めるということで、どちらにもコップが置いてありました。
慢性便秘や糖尿病に効き目があると言われているそうです。

サウナ室は少し狭くて、ぎゅうぎゅう詰めで8人か限界か…。
でもそんな混んでなかったので良かったです。
あるだけでありがたい。

bettshoonsen-kaga-005.jpg

bettshoonsen-kaga-006.jpg

お湯は山代、山中と同じでしょうから良いに決まってますしね。
ちなみに、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)です。
源泉仕込みでおいしい温泉玉子もありましたよ。



別所温泉
石川県加賀市別所町1丁目91番地
0761-76-1625
営業時間 11時40分~22時00分
年中無休
料金 大人440円、中学生260円、小学生(6歳以上12歳未満)130、小人(6歳未満)50円



テーマ : 日帰り温泉
ジャンル : 旅行

加賀片山津温泉 総湯

加賀片山津温泉 総湯
2018.09.15

加賀温泉郷の4つの内の一つ、片山津温泉の総湯に行って来ました。
総湯は山中温泉に続いて第2弾です。

katayamazu-souyu-004.jpg

片山津温泉は石川県南部柴山潟を望むところにあり、1300年の歴史がある温泉地です。

katayamazu-souyu-005.jpg

総湯というと、温泉地の源泉の大元というイメージですが、何のことはない天然温泉の大衆浴場、つまり「銭湯」のことです。
スーパー銭湯でもありません。
サウナ、露天もなく、ボディソープもシャンプー、リンスも持参する必要があります。
ただただ街中にある普通の銭湯と同じで、違いはお湯が天然温泉であることだけです。
なので、ここのお湯は、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性中性高温泉)。

この辺りでは、山中温泉、山代温泉、粟津温泉にも総湯があり、このように呼ぶようです。

katayamazu-souyu-007.jpg

この片山津温泉の総湯は、2012年に出来た近代的な建物で、鉄筋コンクリートの2階建て。
1階が温泉で2階は全面ガラス張りのカフェになっています。

残念ながらこのカフェは17時までで、ちょうど閉店時間でした。

katayamazu-souyu-008.jpg

katayamazu-souyu-010.jpg

入り口の券売機で入浴券を購入。
大人1人440円。
入り口と言っても風除室にあったので、ちょっと違和感。
入ったら目の前に受付、そして男女左右に別れて風呂場があります。

katayamazu-souyu-011.jpg

katayamazu-souyu-012.jpg

素晴らしい近代的な建物なんですが、デザイン重視なのか、空間が広く実質的な利用スペースが狭いような気がしますがどうなんでしょう。
待ち合い的な休憩スペースが狭いとか、どうも利用者には利便性がよろしくない。
しかしお風呂からの景色は素晴らしい。
湯処には柴山潟を眺められる水の「潟の湯」と緑の風景が楽しめる「森の湯」があり、日替わりで男湯と女湯が入れ替わる。
今日の男湯は「森の湯」てした。

katayamazu-souyu-016.jpg

浴槽は一つ。
中で仕切ってあって、浅い普通の部分と、1mぐらいのちょっと深めの部分がある。
お湯は無臭無色透明のサラっとしたお湯。
塩化物泉の湯は湯冷めしにくく効用が長続きすると評判だそうです。

しかしとにかく風呂場は暑かった。
お湯も熱めだったかもですが、露天風呂がないので、外につながるドアもなく、窓もない。
風呂場自体がサウナ化しているみたいでした。

でも風呂上がり汗がひくとお肌はツルツル。
やっぱり天然温泉はいいなぁ。

katayamazu-souyu-014.jpg



片山津総湯
石川県加賀市片山津温泉乙65番地2
0761-74-0550

1階 温泉
利用時間 6:00~22:00
利用料金
大人(12歳以上)440円
中人(6歳以上12歳未満)130円
小人(3歳以上6歳未満)
定休日 臨時休館あり

2階 まちカフェ
利用時間 10:00 - 17:00
定休日(毎週木曜)



テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
自動車保険を見直しませんか?
一括見積【無料】
自動車保険
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
日本の蒸気機関車3選
「C57」「C62」「D51」 このポストカードは、国鉄車両設計図を基に細密な線で描かれた版画「日本の名蒸気機関車12選(画・前田浩利)」の貴重な原画をもとに制作されたものです。 交通博物館にも所蔵されているもので、写真と見間違うばかりで、とても手書きで描かれた版画とは思えません。

NEXCO中日本オンラインモールで販売 ← クリック

直接お問い合わせ 
小澤工芸メール
敦賀太郎のブログ

お得で便利

車のトラブル一発解決

JAF

ホテル・旅館を探すなら

>>人気ホテルの価格を今すぐチェック<<

かんたん発行

ETCカード

ドメイン取るならお名前.com

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

送料無料の情報が満載!

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
福井・若狭からの贈り物
400年の伝統 若狭塗り箸
福井・若狭からの贈り物 椿油
nexcologo.jpg

わかさ椿油は、若狭湾の椿を採り、生搾り、無添加・非加熱の100%純国産椿油です。


tsubaki-fc-001.jpg tsubaki-fc-002.jpg

ブレゼント用にラッピング


お肌や髪になじみやすい化粧用油です。ツバキ油は、髪をつややかにするだけではなく、頭皮や肌荒れにも効果的な成分を含み、美しい髪やお肌に最適です。

tsubaki-fc-004.jpg

椿みつ朗スキンクリーム


tsubaki-fc-005.jpg

全身ローション わかさ椿


tsubaki-fc-006.jpg

わかさ椿 玉肌ローション

検索フォーム
カテゴリ