「かぁくろう」の太郎坊宮(阿賀神社)

太郎坊宮
2018.02.16

以前からよく聞く「太郎坊宮」という神社。
結構有名で、あちこちで名前が出てくるので知ってはいたんですが、まだ観たことがなかったんです。
んで、この日は近くまで来たのと、真っ青な空に誘われて行ってみることにしました。

太郎坊宮は、正式名称を阿賀神社といい、太郎坊とは、神社を守護する天狗の名前であると伝わります。
伝教大師が太郎坊山に社殿を建てようとした時には、山奥から現れて手助けしたといいます。

taroubou-higashioumi-004.jpg

あるのは琵琶湖の東側、東近江市です。
ナビに従って行くと、緑の木々に覆われた山々の中にひときわ目立つそそり立つような岩肌の山が見えてきました。
その中腹にでかい建物が見えます。
あそこか…。

この辺りは、中世代白亜紀(約7000年前)に火山活動出で出来たカルデラ地形で、主に湖東流文岩と言われる岩石で構成されているそうです。
太郎坊宮のある赤神山は他の回りの山々に比べ鋭角に尖っているので、一段と岩肌が露出して目立ちます。

taroubou-higashioumi-006.jpg

なんでも頂上付近にある本殿までは、登山口から740段余りの階段があり、先ほど遠目に見えた建物の前の山頂駐車場からだと260段ほどだとか。
そんな所まで車で行けるなら当然上の駐車場まで行きます、行きます。
と、言うわけで約500段のショートカット。
登山口辺りに駐車場、途中幾つかのスペースが所々にあって一番上に到着です。

taroubou-higashioumi-009.jpg

taroubou-higashioumi-012.jpg

目の前に「祈祷殿」、あの大きな建物がは参集殿というのだそうです。
その「祈祷殿」の右側から階段へ。

taroubou-higashioumi-020.jpg

taroubou-higashioumi-021.jpg

taroubou-higashioumi-022.jpg

taroubou-higashioumi-025.jpg

階段は下を見ても上を見上げてもめっちゃ急。
こりゃここまで車で来て大正解。
しかしここから260段登らなくちゃならない。
とにかく急勾配なのだ。
お城の中の階段は急ですが、そこまでとは言わないまでも、それに使い物があります。

で、ふぅふぅ言いながら、そして休みながら登っていくと、「夫婦石」にたどり着きました。

taroubou-higashioumi-036.jpg

taroubou-higashioumi-040.jpg

taroubou-higashioumi-043.jpg

夫婦石は、神様のお力によって押し開かれたと伝わる大岩です。
岩と岩の幅は、わずか80cm。
なんでも良い心の持ち主が、願い事を念じて岩の間を通ると願い事が叶う、悪い心の持ち主が通ると、岩にはさまれてしまうといわれているそうです。
無事通れた私は良い心の持ち主だったことが証明されました。
江戸時代の書物には「岩の間には天狗が住んでいて人間は通れない」と記されてるそうです。

taroubou-higashioumi-047.jpg

taroubou-higashioumi-055.jpg

この夫婦石を通るとすぐ太郎坊宮の神様がおられる本殿があります。
太郎坊宮にお祀りする神様は、伊勢神宮の天照大神の第一皇子神(人間でいう長男)にあたります。

正哉吾勝勝速日天忍穂耳大神―マサカアカツカチハヤヒアメノオシホミミノオオカミ―
という長いお名前で、このお名前には「まさに勝った、私は勝った。朝日が昇るかのように、鮮やかに、速やかに勝利を得た」
という、勝利を象徴する意味が込められています。
そのお名前の通り、勝利と幸福を授ける神様として信仰されています

taroubou-higashioumi-053.jpg

taroubou-higashioumi-051.jpg

またここの展望台から見る景色はいい眺めです。
「万葉集」に出てくる「蒲生野(がもうの)」、「梁塵秘抄」に出てくる「布施の溜」を一望できます。
右手に安土城天守跡のある安土山も見えました。

taroubou-higashioumi-059.jpg

裏参道から元の祈祷殿まで戻ります。
下りなので、楽チンです。

taroubou-higashioumi-076.jpg

taroubou-higashioumi-075.jpg

taroubou-higashioumi-074.jpg

taroubou-higashioumi-071.jpg

途中にある「一願成就社」。
お参りの方が、お百度詣り等によって願掛けを行う建物で、一願とは、自分が心に抱く、ただ一つの、本当の願い事をいいます。
必勝祈願、合格祈願等のお祈りをする方が多くおられます。

taroubou-higashioumi-065.jpg

taroubou-higashioumi-062.jpg

taroubou-higashioumi-064.jpg

また裏参道と言われるこの参道沿いに、七福神の像が点在しているので、それぞれ拝んで降りてきました。

taroubou-higashioumi-099.jpg

taroubou-higashioumi-086.jpg



太郎坊宮
滋賀県東近江市小脇町2247 ←地図を表示
0748-23-1341
24時間解放
ご祈祷受付 10時 ~ 16時

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

臨済宗永源寺派の本山 永源寺

永源寺 臨済宗永源寺派の本山

琵琶湖周辺の紅葉の人気スポット、滋賀県東近江市にある永源寺です(^-^)
琵琶湖湖畔から結構山の方に入ったところにある山寺で、紅葉の美しさで知られていますo(^_^)o

eigengi14-004.jpg

eigengi14-002.jpg

eigengi14-001.jpg

この間の日曜は紅葉まつりが始まったばかりで、一週間ばかりピークには早いとのことでしたが、それでも大勢の人、人、人で賑わっていました(^-^)

eigengi14-005.jpg

eigengi14-006.jpg

eigengi14-007.jpg

永源寺(えいげんじ)は、1361年創建された滋賀県東近江市にある臨済宗永源寺派の本山です。開基は佐々木氏頼(六角氏頼)
中世戦乱期に兵火により衰微しましたが、江戸時代中期に後水尾天皇や彦根藩の帰依を受けて、再興されました。寺内には彦根藩主井伊直興公の墓所があります。

eigengi14-003.jpg

eigengi14-008.jpg

永源寺は紅葉の美しさで人気スポットになっていますが、永源寺こんにゃく(えいげんじこんにゃく)って言うのも名物の一つなんです。
永源寺の開祖である寂室元光が、大陸からコンニャクイモを持ち帰ったのが起源とされ、永源寺周辺で作られてきたそうです(^-^)

eigengi14-009.jpg

eigengi14-011.jpg

eigengi14-012.jpg

この日もお寺の参道には、お店がズラリ、早速「みそでんがく」を、後は試食で済ませましたσ(^_^;) 流石に松茸の試食は無かったけど(^^;;
まぁ、綺麗な紅葉を観ながら食べるみそでんがくは、美味しいったら、オイシイった_φ( ̄ー ̄ )



永源寺
滋賀県東近江市永源寺高野町41
0748-27-0016
入山時間
11/1(日) から 11/30(月) 
8:00~17:00 (通常9:00―16:00)
ライトアップ
11/7(土) から 11/29(日)
17:00~20:30 (20:30閉門)

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
自動車保険を見直しませんか?
一括見積【無料】
自動車保険
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
日本の蒸気機関車3選
「C57」「C62」「D51」 このポストカードは、国鉄車両設計図を基に細密な線で描かれた版画「日本の名蒸気機関車12選(画・前田浩利)」の貴重な原画をもとに制作されたものです。 交通博物館にも所蔵されているもので、写真と見間違うばかりで、とても手書きで描かれた版画とは思えません。

NEXCO中日本オンラインモールで販売 ← クリック

直接お問い合わせ 
小澤工芸メール
敦賀太郎のブログ

お得で便利

車のトラブル一発解決

JAF

ホテル・旅館を探すなら

>>人気ホテルの価格を今すぐチェック<<

かんたん発行

ETCカード

ドメイン取るならお名前.com

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

送料無料の情報が満載!

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
福井・若狭からの贈り物
400年の伝統 若狭塗り箸
福井・若狭からの贈り物 椿油
nexcologo.jpg

わかさ椿油は、若狭湾の椿を採り、生搾り、無添加・非加熱の100%純国産椿油です。


tsubaki-fc-001.jpg tsubaki-fc-002.jpg

ブレゼント用にラッピング


お肌や髪になじみやすい化粧用油です。ツバキ油は、髪をつややかにするだけではなく、頭皮や肌荒れにも効果的な成分を含み、美しい髪やお肌に最適です。

tsubaki-fc-004.jpg

椿みつ朗スキンクリーム


tsubaki-fc-005.jpg

全身ローション わかさ椿


tsubaki-fc-006.jpg

わかさ椿 玉肌ローション

検索フォーム
カテゴリ