FC2ブログ

岐阜県「横蔵寺」即身成仏のミイラがある珍しいお寺



両界山横蔵寺の紅葉
(りょうかいさんよこくらじ)
2017.11.23

紅葉が見頃とのことで、岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲神原にある「横蔵寺」へ行ってきました。
このお寺、即身成仏のミイラがある珍しいお寺で、紅葉がすばらしいと聞いていたところです。

yokokuraji-tanikumi-001.jpg

横蔵寺(よこくらじ)は天台宗寺院で、山号は両界山、西美濃三十三霊場第一番札所にもなっています。
寺伝によれば、横蔵寺は日本天台宗の宗祖・最澄が自作の薬師如来を安置して創建した寺とされ、鎌倉時代には38坊を有する大寺院だったそうです。
舎利堂に安置される「舎利仏」すなわちミイラは、約200年前に即身成仏したという妙心法師。

紅葉も有名で、飛騨・美濃紅葉33選に選ばれている「もみじスポット」なのです。

かなり山あいの奥まったところにあるので、行くまでの山々も紅葉していて充分楽しめました。
お寺へ向かう道は緩やか坂道、だんだんと狭くなっていきますが、車がすれ違い程度です。
道の両側に「もみじまつり」ののぼり旗が立っています。
お寺の手前が駐車場で、2。30台のスペースか。
駐車料金は300円と良心的。

yokokuraji-tanikumi-005.jpg

yokokuraji-tanikumi-008.jpg

yokokuraji-tanikumi-010.jpg

yokokuraji-tanikumi-013.jpg

yokokuraji-tanikumi-026.jpg

橋を渡って石段を登ると仁王門。
この仁王門と紅葉のコントラストが素晴らしい。

yokokuraji-tanikumi-017.jpg

yokokuraji-tanikumi-024.jpg

横手にあるが三重塔。

yokokuraji-tanikumi-031.jpg

yokokuraji-tanikumi-034.jpg

yokokuraji-tanikumi-028.jpg

yokokuraji-tanikumi-044.jpg

香堂を挟んで正面にあるのが本堂。

yokokuraji-tanikumi-051.jpg

yokokuraji-tanikumi-058.jpg

そして川と道路を挟んで向かいにあるのが、数々の国の重要文化財が安置されている瑠璃殿、「舎利仏」が安置されている舎利殿。

yokokuraji-tanikumi-067.jpg

yokokuraji-tanikumi-061.jpg

yokokuraji-tanikumi-064.jpg

この「瑠璃殿」と「舎利殿」は拝観できます。
「舎利仏」は一見の価値ありです。
拝観料は両方で300円。

yokokuraji-tanikumi-070.jpg

yokokuraji-tanikumi-071.jpg

yokokuraji-tanikumi-076.jpg

また11月中は「もみじ」のライトアップもしているそうですが、夜までは居られないので、それは断念しました。

yokokuraji-tanikumi-080.jpg



両界山横蔵寺
岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲神原1160 ←地図を表示
0585-55-2020
拝観時間 宝物殿と舎利堂のみ 10時00分~16時00分
拝観料 無料(宝物殿と舎利堂は入場300円)
休業日 無休(宝物殿は12~3月と雨天休み)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

谷汲山華厳寺「たにぐみさん」西国三十三番札所



谷汲山 華厳寺

揖斐川上流の道の駅でもらった観光地図を見ていたら、谷汲山というところに華厳寺という大きなお寺があって、近くには満願温泉ってのもあった。
早速まわり道して行ってみました。

tanigumisan-009.jpg

その華厳寺に行ってみてビックリです。
まず総門をくぐると、桜並木のずっと続く参道に驚きます。
土産物店、飲食店、旅館などが立ち並び、真っ直ぐ延びる参道は先が見えません。
どれぐらいあるのか近くのお店の人に聞いてみたら、距離にして約1kmぐらいありますよ、とのこと。
幸い車で半分くらい行った所の駐車場に停める事が出来たので、歩くのは500m程ですみました。
が、この古い建物のお店を見て歩くのも良いものかも知れませんね(^-^)

tanigumisan-010.jpg

tanigumisan-012.jpg

tanigumisan-013.jpg

「たにぐみさん」の愛称で親しまれるこの寺は、延暦十七年(798)に創建され、正式には「谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)」といい、天台宗の寺院です。
その山号と寺号は醍醐天皇より賜り、千二百年余の歴史を誇ります。
本尊は十一面観音、脇侍として不動明王と毘沙門天を安置しています。
また日本最古の観音霊場「西国三十三所観音霊場」の第三十三番札所で結願・満願のお寺として知られています。
西国三十三所の札所寺院では唯一、近畿地方以外にあるとの事です。

tanigumisan-021.jpg

tanigumisan-080.jpg
門の左右に、デカイわらじが...。

tanigumisan-079.jpg

総門から仁王門に達すると、その仁王門からは本堂まで、ゆるやかな登りの石畳の参道となり、左右に放生池、地蔵堂や茶所、本坊などが建ち並んでいます。

tanigumisan-031.jpg

tanigumisan-033.jpg

そして参道突き当りの石段を上ると本堂があり、その右手に鐘楼堂、本堂背後には阿弥陀堂、笈摺堂、子安堂、そこからさらに石段を上った先に満願堂があります。

tanigumisan-038.jpg

tanigumisan-041.jpg

tanigumisan-046.jpg

かなり広くて大きな寺院で、周りにたくさんのお堂があるので、全部お参りするのにはお寺の全体図を把握してからにしないと大変です。

tanigumisan-051.jpg
満願堂

tanigumisan-054.jpg
満願堂

tanigumisan-068.jpg
水音が琴の音の様に聞こえる「水琴窟」

tanigumisan-069.jpg
水琴窟-このはすの花びらに耳をあてて聴きます。

なんたって、三十三番札所で結願・満願のお寺、いきなり三十三番だけ来ても満願ってわけには行かないかも知れませんが、ご利益があるような気がしてきました(^-^)

tanigumisan-025.jpg



谷汲山 華厳寺
岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積23
0585-55-2020
参拝時間 8時~16時30分
入山料 無料(御随意)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

西美濃の恋愛成就のパワースポット 恋のつり橋



恋のつり橋

西美濃の縁結びや恋愛成就のパワースポットをめぐる「恋の成就ルート」の一つ、「恋のつり橋」によってみました。
国道303を徳山ダム方面から南下、大垣市方面へ向かいます。
途中「道の駅「星のふる里ふじはし」によって、名物の「五平餅」をかじりながらパンフレットを見ていて、寄ってみようと思いました。

koinoturihashi-014.jpg

道の駅から少し南下すると右側に「恋のつり橋」と看板がありました。
国道303沿いなんですが、よくも見ていないと見逃すかも知れません。
実際、私も通り過ぎてUターンしました。

koinoturihashi-001.jpg

koinoturihashi-002.jpg

さて、橋の袂まで降りていくと、この地のご当地ソングもあるらしく、その名も「久瀬夢ろまん」というデュエット曲で歌詞が書いてある看板がありました。
この歌が聴けないのがちょっと残念。

koinoturihashi-004.jpg

koinoturihashi-005.jpg

この釣り橋は、木製で約80メートルあります。
少々揺れますが、床板が敷き詰められていて隙間がないので、安心して渡れます。

橋を渡たると、恋の鐘と結ばれ地蔵が出迎えてくれました。
二人でこの鐘を鳴らすといいんでしょうかね。

koinoturihashi-012.jpg

koinoturihashi-013.jpg

koinoturihashi-016.jpg

左手にハート型の絵馬?がいっぱいかけられていました。
そう言えば、ここへ来る途中、久世物産販売所ってのがあったので、そこで買って願い事を書くんでしょうね。

とにかくご利益がありそうなロマンチックなパワースポットでした。



恋のつり橋
揖斐郡揖斐川町東津汲
0585-54-1033 久瀬まちづくり協議会


テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

「藤橋城」、正式名称は「西美濃プラネタリウム」



藤橋城

揖斐川沿いを徳山ダムに向かってたら、ひときわ目立つお城を見つけました。
もちろん、スゥと道をそれてお城のある川岸へ行ってまいりました。
なになに?看板によると、通称「藤橋城」と言って、正式名称は「西美濃プラネタリウム」と言うらしい。
そう言えば、ここへ来る途中、星のふる里って看板に書いてあったなぁ(^-^)
成る程この辺り空気が澄んでいて、夜空に星がキレイに見えるんでしょうね。

fujihashijo-007.jpg

fujihashijo-005.jpg

fujihashijo-006.jpg

この城はもともとあったわけではなく、30年ほど前に旧藤橋村がプラネタリウムを建てる際、かつてこの地に「杉原砦」と呼ばれる砦があったので、外見を彦根城に似た天守風にしたそうです。
藤橋城は4階建てで、1階がプラネタリウム、2階が星の展示室、3階が歴史と民俗の展示室、4階が展望室になっています。

fujihashijo-017.jpg

fujihashijo-016.jpg

この藤橋城の道を挟んで向かいには、徳山ダムが出来た際、移設された古民家が展示されています。
あぁ昔はこんなだったなぁ、こんなのあったなぁ、なんて懐かしく思いました(^-^)

プラネタリウムは上映時間の関係で見ることは出来ませんでしたが、こんな所で実際にのんびりと夜空を眺めてみたいもんですね。

南北朝時代、この地は美濃国から越前国、近江国に抜ける戦略上重要な地で、南朝側の新田義貞が、北朝側の土岐氏に対抗し砦を建設されたとされています。
そして、この地の杉原家盛(杉原六郎左衛門家盛)という人がおり、後の豊臣秀吉の正室ねねはこの家の出身だそうです。ビックリ(^-^)



藤橋城
岐阜県揖斐郡揖斐川町鶴見332-1
0585-52-2611
営業時間 10:00~16:30 
定休日 月・火曜 (祝日の場合は週初めの平日2日休)
拝観料 藤橋城・西美濃プラネタリウム及び藤橋歴史民俗資料館共通券
高校生以上 500円 小中学生 250円 4歳以上 100円

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
自動車保険を見直しませんか?
一括見積【無料】
自動車保険
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
日本の蒸気機関車3選
「C57」「C62」「D51」 このポストカードは、国鉄車両設計図を基に細密な線で描かれた版画「日本の名蒸気機関車12選(画・前田浩利)」の貴重な原画をもとに制作されたものです。 交通博物館にも所蔵されているもので、写真と見間違うばかりで、とても手書きで描かれた版画とは思えません。

NEXCO中日本オンラインモールで販売 ← クリック

直接お問い合わせ 
小澤工芸メール
敦賀太郎のブログ

お得で便利

車のトラブル一発解決

JAF

ホテル・旅館を探すなら

>>人気ホテルの価格を今すぐチェック<<

かんたん発行

ETCカード

ドメイン取るならお名前.com

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

送料無料の情報が満載!

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
福井・若狭からの贈り物
400年の伝統 若狭塗り箸
福井・若狭からの贈り物 椿油
nexcologo.jpg

わかさ椿油は、若狭湾の椿を採り、生搾り、無添加・非加熱の100%純国産椿油です。


tsubaki-fc-001.jpg tsubaki-fc-002.jpg

ブレゼント用にラッピング


お肌や髪になじみやすい化粧用油です。ツバキ油は、髪をつややかにするだけではなく、頭皮や肌荒れにも効果的な成分を含み、美しい髪やお肌に最適です。

tsubaki-fc-004.jpg

椿みつ朗スキンクリーム


tsubaki-fc-005.jpg

全身ローション わかさ椿


tsubaki-fc-006.jpg

わかさ椿 玉肌ローション

検索フォーム
カテゴリ