茅葺きが魅力 白沙村荘 橋本関雪記念館

白沙村荘(はくさそんそう)

白川通り今出川交差点から銀閣寺の方へ少し歩くと右手に、白沙村荘(はくさそんそう)橋本関雪記念館という所があります。
普段は通りに面しているのにほとんどの人が素通りしてしまうほどあまり目立たない。
この日も大勢の観光客が前を通るのですが、チラッと見るだけでこの先の銀閣寺を目指して通り過ぎて行きます。

hakusason-032.jpg
四阿と呼ばれる「如舫亭」

白沙村荘は日本画家、橋本関雪が制作を行うアトリエとして造営した邸宅で、敷地内には大正〜昭和初期に建築された居宅、3つの画室、茶室、持仏堂などの建造物が散在し、池泉回遊式庭園は国の名勝に指定されています。

hakusason-008.jpg
茅葺きの木戸

hakusason-009.jpg
茅葺きの木戸

中に入って早速、池泉回遊式庭園を楽しむ。
まず目を引くのが庭園の入り口にある茅葺きの木戸がいい感じ。そして池越しに見る大画室の「在古楼」、さらに、四阿と呼ばれる「如舫亭」、これも古い茅葺き屋根です。

hakusason-017.jpg
池越しに見る大画室の「在古楼」

hakusason-030.jpg
四阿と呼ばれる「如舫亭」

hakusason-021.jpg
四阿と呼ばれる「如舫亭」

四阿(しあ)とは、庭園などに眺望や休憩などのために建てられる簡素な建屋のことで、四阿の「阿」には「棟」を表す意味があり、屋根を四方に葺おろした小屋という意味だそうです。
ちなみに東屋(あずまや)と同じかな、とも思いますが、東屋の「東」は都からみて東に位置した地域をさし、東人「あずまびと」といえば、「東国の人」すなわち「田舎者」という意味があり、東屋とは本来「東国風のひなびた家」「田舎風の粗末な家」の事だそうです。さすが京都、全てが都中心だったんですね(^-^)

hakusason-019.jpg
茶室 憩寂庵

そして池をぐるっと廻ると、茶室 憩寂庵がある。
これは比較的新しく、建て替えられたものか。
また庭に幾つもの羅漢仏があり、それも見てまわるのも楽しみの一つです。

hakusason-041.jpg

しかし、名だたる文化人、画家などそうそうたる有名人がこぞって京都に居を構えて、またそれがちゃんと残っている、さすが都、京都の底力を改めて感じさせられました(^-^)

hakusason-034.jpg



〒606-8406
京都市左京区浄土寺石橋町37
TEL:075-751-0446
開館時間 10:00〜17:00(最終入場 16:30)

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
自動車保険を見直しませんか?
一括見積【無料】
自動車保険
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
日本の蒸気機関車3選
「C57」「C62」「D51」 このポストカードは、国鉄車両設計図を基に細密な線で描かれた版画「日本の名蒸気機関車12選(画・前田浩利)」の貴重な原画をもとに制作されたものです。 交通博物館にも所蔵されているもので、写真と見間違うばかりで、とても手書きで描かれた版画とは思えません。

NEXCO中日本オンラインモールで販売 ← クリック

直接お問い合わせ 
小澤工芸メール
敦賀太郎のブログ

お得で便利

車のトラブル一発解決

JAF

ホテル・旅館を探すなら

>>人気ホテルの価格を今すぐチェック<<

かんたん発行

ETCカード

ドメイン取るならお名前.com

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

送料無料の情報が満載!

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
福井・若狭からの贈り物
400年の伝統 若狭塗り箸
福井・若狭からの贈り物 椿油
nexcologo.jpg

わかさ椿油は、若狭湾の椿を採り、生搾り、無添加・非加熱の100%純国産椿油です。


tsubaki-fc-001.jpg tsubaki-fc-002.jpg

ブレゼント用にラッピング


お肌や髪になじみやすい化粧用油です。ツバキ油は、髪をつややかにするだけではなく、頭皮や肌荒れにも効果的な成分を含み、美しい髪やお肌に最適です。

tsubaki-fc-004.jpg

椿みつ朗スキンクリーム


tsubaki-fc-005.jpg

全身ローション わかさ椿


tsubaki-fc-006.jpg

わかさ椿 玉肌ローション

検索フォーム
カテゴリ