お稲荷さんの総本宮「京都伏見稲荷大社」

伏見稲荷大社
2018.01.18

京都伏見稲荷大社は、全国に30,000社あるといわれる「お稲荷さん」の総本宮です。

今年初の京都はその伏見稲荷大社に行ってきました。
いつも電車で行くか、車で行くか、悩ましいところ。
伏見稲荷には境内に無料の駐車場や近くに多くのコインパーキングがあります。
が、なんせ京都屈指の観光スポット、そしてこの時期は初詣で大混雑が予想され、どこも満車の可能性が高い。
なので、京都市内までは車で行って、電車で伏見稲荷駅まで行こうかと…。
まっ、しかし車で行ってみて、満車だったら考えようと言うことで、取り敢えず行ってみる。

結果、平日の昼前と言うこともあってか、なんと境内の無料駐車場が空いていた。
駐車場の入り口で誘導してくれた警備員さんがむっちゃいい人に見えたのは云うまでもない。
しかし今時駐車場が無料ってのは太っ腹ですね。

fushimiinari-kyoto-035.jpg

伏見稲荷大社は、稲荷山を背に本殿があり、また、稲荷信仰の原点は稲荷山であります。

この起源については「山城国風土記」の逸文に《秦中家ノ忌寸等の遠祖、伊呂具秦公の的にして射た餅が白鳥と化して飛び翔けり、その留った山の峰に“稲”が生じた奇瑞によって、イナリという社名になった》と。
また山城国風土記の逸文では「イネが生った」ところより社名としたとあります。
奈良時代の和銅4年(711)2月初午の日のことと言われています.
信仰の起源は、これよりも更に古くさかのぼるのでは、とも。

fushimiinari-kyoto-039.jpg

表参道の大鳥居をくぐって「楼門」へ。

fushimiinari-kyoto-012.jpg

fushimiinari-kyoto-032.jpg

この楼門までは、伏見稲荷駅から続く「神幸道」というと参道があり、商店が建ち並ぶ賑やかなところです。

fushimiinari-kyoto-045.jpg

fushimiinari-kyoto-055.jpg

fushimiinari-kyoto-196.jpg

楼門の正面に「外拝殿」その奥に「本殿」が、右手に「神楽殿」、左手が「社務所」。
いづれも鮮やかな朱色です。

fushimiinari-kyoto-197.jpg

fushimiinari-kyoto-202.jpg

fushimiinari-kyoto-201.jpg

fushimiinari-kyoto-057.jpg

fushimiinari-kyoto-059.jpg

fushimiinari-kyoto-062.jpg

この社務所の奥にから稲荷山に登っていく参道があり、あの有名な「千本鳥居」はその途中にあります。

fushimiinari-kyoto-069.jpg

fushimiinari-kyoto-080.jpg

fushimiinari-kyoto-083.jpg

fushimiinari-kyoto-071.jpg

「千本鳥居」だから、鳥居は全部で1,000本ある、と思ったら大間違いて、現在稲荷山全体の鳥居は1万基ほどあるんだそうです。
その数は今も増え続けていて、またその鳥居の劣化も激しく、1日に3本ほどは新しく建てたり修理しなければならないのだとか。

fushimiinari-kyoto-110.jpg

fushimiinari-kyoto-108.jpg

fushimiinari-kyoto-106.jpg

fushimiinari-kyoto-100.jpg

稲荷山(伏見稲荷大社の境内一円を、人々は山と云っています)には、多くの「社」や「塚」があり、その前には「茶店」があったりして休憩しながら山頂の一の峰まで行けるようになっています。

しかしかなりキツイです。
最初はなだらかな登り坂なんですが、千本鳥居を過ぎてしばらくすると急な階段になってきます。

fushimiinari-kyoto-182.jpg

fushimiinari-kyoto-183.jpg

fushimiinari-kyoto-119.jpg

fushimiinari-kyoto-129.jpg

fushimiinari-kyoto-133.jpg

参道に、三ツ辻、四ツ辻といわれる分岐点にも茶店があり、特に四ツ辻は京都市内を見渡せる絶景スポットになっています。
そしてここの茶店「にしむら亭」は、あの俳優西村和彦の実家であることも有名です。

ここまで半分から少し来たぐらい、六分目かな。

fushimiinari-kyoto-149.jpg

fushimiinari-kyoto-145.jpg

fushimiinari-kyoto-152.jpg

fushimiinari-kyoto-151.jpg

fushimiinari-kyoto-156.jpg

ここから見上げれば更に急勾配な階段が続く。
さすがにここからは階段の途中と言えど休み休みボチボチと。

fushimiinari-kyoto-166.jpg

fushimiinari-kyoto-167.jpg

fushimiinari-kyoto-173.jpg

やっとたどり着いた頂上、一の峰には、社があり無数の鳥居が…。
て、いうか途中にも大小の鳥居が、これでもかっ、てあって信仰の厚さを感じます。

昔から行われてきた伏見稲荷大社の「福参り」は、稲荷大神様が稲荷山にご鎮座になった「二月初午(はつうま)」の日に稲荷山へお参りすることを言うそうで、初午(はつうま)とは、2月の最初の午の日。
旧暦で1年のうち最初の(つまり1月の)午の日も初午には違いないですが、通常は稲荷社の祭の日である2月の初午をいうのだそうです。

ともあれ、日付は違えど「福参り」もどきを終え、麓の本殿まで無事帰ってまいりました。
時間にして2時間ぐらいでしたかね。

どうしても伏見稲荷というと「商売繁盛」の神様と想いがちですがそれだくではなく、古くは朝廷が、雨乞いや止雨と共に五穀豊穣を願われたり、国の安穏を願われるなど公の願い事をしたと多く記録されています。
平安時代には良縁を願ったり、秀吉は母親の病気平癒を真剣に願っていますし「商売繁昌」だけでなく、産業興隆・家内安全・交通安全・芸能上達の守護神としても信仰を集め、今日もなおこれらの信仰は続いています。

fushimiinari-kyoto-044.jpg

「稲荷大神様」のお使い(眷族)はきつねとされています。
但し野山に居る狐ではなく、眷属様も大神様同様に我々の目には見えません。
そのため白(透明)狐=“びゃっこさん”といってあがめます。
勿論「稲荷大神様」はきつねではありません。

fushimiinari-kyoto-001.jpg



伏見稲荷大社
京都市伏見区深草薮之内町68番地 ←地図を表示
075-641-7331
ご祈祷 8:30 〜 16:30
(受付は16:00頃までにお済ませください。)

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

小野小町ゆかりの「随心院」

随心院(ずいしんいん)
2017.09.29

京都市山科区にある「小野小町」にゆかりの「随心院」です。
伏見区の醍醐寺のあと、近くにある「随心院」に行ってきました。
随心院(ずいしんいん・ずいしんにん、隨心院)の創建は991年(正暦2年)、山科区小野にあり真言宗善通寺派大本山の仏教寺院です。

zuishinji-kyoto-051.jpg
藥医門

zuishinji-kyoto-005.jpg
藥医門

時代劇、田沼意次の屋敷などでよく使われる藥医門
そう言えば見覚えありますね。

zuishinji-kyoto-010.jpg

zuishinji-kyoto-013.jpg

zuishinji-kyoto-042.jpg

小野流の開祖として知られる仁海(にんがい)の開基で、本尊は如意輪観音。
本堂には、本尊如意輪観音坐像、定朝様式の阿弥陀如来像(重文)、快慶作金剛薩た像(同)を安置。

zuishinji-kyoto-016.jpg

zuishinji-kyoto-023.jpg

zuishinji-kyoto-020.jpg

zuishinji-kyoto-028.jpg

当寺の位置する小野地区は、小野氏の土地。
地名も治めていた一族も小野と言うことで、この一族から小野小町、というのもうなずけますね。

zuishinji-kyoto-033.jpg

zuishinji-kyoto-036.jpg

zuishinji-kyoto-037.jpg

zuishinji-kyoto-039.jpg

そしてここは小野小町が晩年暮らしたとされ、小野小町邸跡とされています。
小町作と伝える文張地蔵や化粧井戸、文塚などが残っています。

zuishinji-kyoto-015.jpg
小野小町歌碑

zuishinji-kyoto-045.jpg
化粧井戸

zuishinji-kyoto-047.jpg
化粧井戸

zuishinji-kyoto-050.jpg
化粧井戸

zuishinji-kyoto-048.jpg
化粧井戸

zuishinji-kyoto-053.jpg

また随心院の前には、梅の名所で唐棣(はねず)の梅があり、3月最終日曜に「はねず踊り」と「観梅」の催しがあるそうです。

zuishinji-kyoto-002.jpg

zuishinji-kyoto-054.jpg



隨心院(ずいしんいん)
京都市山科区小野御霊町35 ←地図を表示
075-571-0025
拝観時間 9:00~16:30
拝観料 大人500円

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

豊臣秀吉の「醍醐の花見」で知られる醍醐寺

醍醐寺(だいごじ)
2017.09.29

京都市伏見区にある醍醐寺(だいごじ)です。
伏見区の東方に広がる醍醐山(笠取山)に200万坪以上の広大な境内をもつ寺院ですが、なんと言っても、豊臣秀吉による「醍醐の花見」の行われた地として有名ですね。

daigoji-kyoto-063.jpg

daigoji-kyoto-011.jpg

daigoji-kyoto-009.jpg

この「醍醐の花見」は、豊臣秀頼・北政所・淀殿ら近親の者を初めとして、諸大名からその配下の女房女中衆約1300人を召し従えた盛大な催しで、九州平定直後に催された北野大茶湯と双璧を成す秀吉一世一代の催し物として知られています。
今でもその豊臣秀吉の「醍醐の花見」にちなんで4月に全山を揚げての花見会が開催されているそうです。

伏見区醍醐東大路町にあるんですが、幹線道路から少し入ったところで、大通りに面してないので道は狭い。
が、醍醐寺の敷地が広く、長い白壁の塀が目立つので迷うことはない。

総門をくぐると長い参道の向こうに醍醐寺の仁王門、左手に「三宝院」、右手に「霊宝館」という配置。

daigoji-kyoto-118.jpg

醍醐寺の創建は貞観16年(874年)、空海の孫弟子にあたる理源大師聖宝が准胝観音並びに如意輪観音を笠取山頂上に迎えて開山、聖宝は同山頂付近を「醍醐山」と名付けた。

daigoji-kyoto-062.jpg

daigoji-kyoto-065.jpg

醍醐寺は山深い醍醐山頂上一帯(上醍醐)を中心に、多くの修験者の霊場として発展した後、醍醐天皇は醍醐寺を自らの祈願寺とすると共に手厚い庇護を掛け、その圧倒的な財力によって醍醐山麓の広大な平地に大伽藍「下醍醐」が発展することになった。

daigoji-kyoto-066.jpg

daigoji-kyoto-067.jpg
金堂

daigoji-kyoto-072.jpg
金堂

daigoji-kyoto-074.jpg
金堂

daigoji-kyoto-075.jpg
五重塔

daigoji-kyoto-082.jpg
五重塔

daigoji-kyoto-086.jpg
五重塔

daigoji-kyoto-092.jpg

daigoji-kyoto-094.jpg
さらに奥へ行くと日月門

daigoji-kyoto-097.jpg
観音堂(西国十一番札所)

daigoji-kyoto-099.jpg
観音堂(西国十一番札所)

daigoji-kyoto-104.jpg
弁天堂

daigoji-kyoto-109.jpg
弁天堂

daigoji-kyoto-111.jpg
弁天堂

三宝院は、永久3年(1115年)、左大臣 源俊房の子で醍醐寺14代座主勝覚が灌頂院(かんじょういん)として開き、後に仏教の三宝にちなんで現在の名に改めた。
康治2年(1143年)に鳥羽上皇の御願寺となっている。

daigoji-kyoto-061.jpg
三宝院の唐門

daigoji-kyoto-054.jpg
入口はこちらの門から

daigoji-kyoto-053.jpg
醍醐の桜

daigoji-kyoto-016.jpg
 
応仁の乱で三宝院が焼失したが、安土桃山時代に醍醐寺金剛輪院の院主であった義演は豊臣秀吉の信頼が厚かったため、同院を中心に有名な「醍醐の花見」が開かれた。
義演は准三后となり、秀吉の許可を得て三宝院32世を名乗る。
桜で有名な醍醐寺三宝院庭園はその時期に整備された。

daigoji-kyoto-020.jpg

daigoji-kyoto-023.jpg

daigoji-kyoto-028.jpg

daigoji-kyoto-024.jpg

daigoji-kyoto-033.jpg

daigoji-kyoto-036.jpg

daigoji-kyoto-035.jpg

daigoji-kyoto-038.jpg

daigoji-kyoto-042.jpg

霊宝館は、醍醐寺の資料館。

daigoji-kyoto-006.jpg

daigoji-kyoto-008.jpg

この3箇所の拝観料は大人800円、しかしこれは春の桜、秋の紅葉の時期を除いた金額らしい。
春と秋のシーズンは、1500円と倍の値段になるらしい。
今回はこの時期ではないので800円でした。
因みに春期は3月20日から5月20日、秋期は10月15日から12月10日とのことです。



醍醐寺(だいごじ)
京都市伏見区醍醐東大路町22 ←地図を表示
075-571-0002
開門時間
3月1日から12月第1日曜日までの期間 午前9時~午後5時まで
12月第1日曜日の翌日から2月末日までの期間 午前9時~午後4時30分まで
拝観券(三宝院・霊宝館・伽藍)
通常期 大人800円
春期・秋期 大人1500円
※春期・秋期・・・3月20日~5月15日・10月15日~12月10日

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

京都「大覚寺」離宮嵯峨院

大覚寺
2017.09.01

京都「大覚寺」と言うと有名な所ですね。
嵐山の近くで、渡月橋近くの「天龍寺」と共に人気のお寺です。

daikakugi-kyoto-002.jpg

daikakugi-kyoto-007.jpg

真言宗大覚寺派の本山ではありますが、もともとは、嵯峨天皇の離宮で、876年(貞観18年)にこの離宮嵯峨院を寺院に改めました。
その後は歴代の天皇や皇族が住持された門跡寺院です。
また、後宇多法皇がここで院政を行うなど、日本の政治史に深い関わりをもつ寺院でなのです。
しかしその歴史よりも、時代劇の撮影所が多い太秦の近くということもあり、寺の境内(大沢池や明智門など)は(特に時代劇の)映画やテレビなどの撮影によく使われていることの方がよく知られているのではないでしょうか。
時代劇の終わりのエンドロールの最後に、よく撮影地大覚寺とか、協力大覚寺などと出て来きますからね。

「大覚寺」としては、嵯峨天皇の信任を得ていた空海が、離宮内に五大明王を安置する堂を建て、修法を行ったのが起源とされています。

京都市内から案内板に従って行くと、大覚寺駐車場がありました。
案内板は大覚寺近くまで行くとあります。

駐車場は500円、平日なので空いていました。
もう目の前が大覚寺です。

daikakugi-kyoto-009.jpg

daikakugi-kyoto-018.jpg

入ってまず地を這うような松に驚きます。

daikakugi-kyoto-016.jpg

daikakugi-kyoto-020.jpg

さらに行くと拝観受付所があり、拝観料は500円です。

daikakugi-kyoto-024.jpg

daikakugi-kyoto-026.jpg

daikakugi-kyoto-031.jpg

daikakugi-kyoto-034.jpg

daikakugi-kyoto-032.jpg

皇室ゆかりの寺院である大覚寺には、宮廷風の建築や皇室ゆかりの建物を移築したものが多く、伽藍の中軸線上には南から勅使門(唐門)、御影堂、心経殿が建ち、御影堂の東に五大堂、西に宸殿、宸殿の北側に正寝殿が建っていて、これらの建物間は屋根付きの廊下で結ばれています。

daikakugi-kyoto-036.jpg

daikakugi-kyoto-030.jpg

daikakugi-kyoto-041.jpg

daikakugi-kyoto-043.jpg

daikakugi-kyoto-046.jpg

daikakugi-kyoto-047.jpg

拝観順路に従って進むことになりますが、沢山の建物があるので迷路のようですね。

一番奥の大沢池のほとりに位置しする現在の大覚寺の本堂。
不動明王を中心とする五大明王を安置し、大沢池に面する東面には、池に張り出すように広いぬれ縁(観月台)があり、大沢池の眺望がすばらしい。

daikakugi-kyoto-058.jpg

daikakugi-kyoto-059.jpg

ここで先ほど駐車場でいただいたお札を収めます。

daikakugi-kyoto-062.jpg

daikakugi-kyoto-060.jpg

daikakugi-kyoto-063.jpg

大沢池は、平安時代、唐(現在の中国)の洞庭湖を模して造られた日本最古の林泉式庭園。
池畔には桜や楓が約700本、池内には約3000株もの蓮が自生しており、平安時代から変わらない風光明媚な風景です。
また日本三大名月観賞地であることから観月の名所として知られ、中秋の頃には観月の夕べが開催されます。
華道のいけばな嵯峨御流の礎となった菊ヶ島があり、大覚寺は嵯峨天皇を流祖と仰ぐ華道嵯峨御流の総司所(家元)としても知られています。

daikakugi-kyoto-068.jpg

daikakugi-kyoto-066.jpg

daikakugi-kyoto-064.jpg

その観月台に「茅の輪」があり作法に従いくぐらせて頂きました。
これで心の穢れ(けがれ)が取れたと思います。
間違いなければ‥。

daikakugi-kyoto-071.jpg

daikakugi-kyoto-073.jpg

余談ですが、ここで院政を行ったため嵯峨御所(さがごしょ)とも呼ばれ、法皇の父である亀山法皇から続く系統は当寺にちなんで「大覚寺統」と呼ばれ、後深草天皇の系統の「持明院統」と交代で帝位についた(両統迭立)。
この両系統が対立したことが、後の南北朝分裂につながったことはよく知られています。

daikakugi-kyoto-074.jpg

daikakugi-kyoto-077.jpg

daikakugi-kyoto-076.jpg

daikakugi-kyoto-078.jpg

daikakugi-kyoto-079.jpg



大覚寺
京都府京都市右京区嵯峨大沢町4 ←地図を表示
075-871-0071
拝観時間 午前9時〜午後5時
休館日 無休 ※寺内行事により内拝不可日有
拝観料 大人:500円 小中高:300円

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
自動車保険を見直しませんか?
一括見積【無料】
自動車保険
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
日本の蒸気機関車3選
「C57」「C62」「D51」 このポストカードは、国鉄車両設計図を基に細密な線で描かれた版画「日本の名蒸気機関車12選(画・前田浩利)」の貴重な原画をもとに制作されたものです。 交通博物館にも所蔵されているもので、写真と見間違うばかりで、とても手書きで描かれた版画とは思えません。

NEXCO中日本オンラインモールで販売 ← クリック

直接お問い合わせ 
小澤工芸メール
敦賀太郎のブログ

お得で便利

車のトラブル一発解決

JAF

ホテル・旅館を探すなら

>>人気ホテルの価格を今すぐチェック<<

かんたん発行

ETCカード

ドメイン取るならお名前.com

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

送料無料の情報が満載!

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
福井・若狭からの贈り物
400年の伝統 若狭塗り箸
福井・若狭からの贈り物 椿油
nexcologo.jpg

わかさ椿油は、若狭湾の椿を採り、生搾り、無添加・非加熱の100%純国産椿油です。


tsubaki-fc-001.jpg tsubaki-fc-002.jpg

ブレゼント用にラッピング


お肌や髪になじみやすい化粧用油です。ツバキ油は、髪をつややかにするだけではなく、頭皮や肌荒れにも効果的な成分を含み、美しい髪やお肌に最適です。

tsubaki-fc-004.jpg

椿みつ朗スキンクリーム


tsubaki-fc-005.jpg

全身ローション わかさ椿


tsubaki-fc-006.jpg

わかさ椿 玉肌ローション

検索フォーム
カテゴリ