FC2ブログ

加賀國二ノ宮「菅生石部(すごういそべ)神社」

菅生石部(すごういそべ)神社
2018.12.16

大聖寺にある加賀國二ノ宮「菅生石部(すごういそべ)神社」で、千四百年の歴史を有する古社です。

sugouibe-kaga-029.jpg

大聖寺は加賀市の中心部で、かつては大聖寺というお寺の門前町として、江戸時代には、加賀百万石の支藩・大聖寺藩(初代藩主 前田利治)の城下町として栄えてきた歴史ある町です。

いつも素通りで、ゆっくりとここ大聖寺に来たことがなかったので、近くの「別所温泉」に行くついでにちょっと寄って見ました。

sugouibe-kaga-028.jpg

大聖寺の中心部から少し北側になりますね。
山を背に大きな鳥居が見えます。

sugouibe-kaga-003.jpg

sugouibe-kaga-004.jpg

鳥居から石段を登ると「神門」。
この神門は、総欅造りの銅葺き二層の楼門で、設計者は建仁寺流の名工山上善右衛門嘉広の子孫、七代目善右衛門吉順、建築は、藩主をはじめ有力町人らの寄進により、大聖寺、加賀両藩の大工棟梁を動因して造立されたと言うことです。

sugouibe-kaga-009.jpg

sugouibe-kaga-008.jpg

sugouibe-kaga-006.jpg

神門の左右には、京都の北野天満宮領として天神信仰が盛んだったこともあり、神門の左右には「天神様?」が祀られており、そこにかかっていた「絵馬」は「下駄?」の形をしていました。
珍しいですね。

sugouibe-kaga-023.jpg

sugouibe-kaga-019.jpg

sugouibe-kaga-024.jpg

sugouibe-kaga-022.jpg

そして正面に拝殿、拝殿の後方に本殿。

sugouibe-kaga-017.jpg

本殿前の右手には「馬」左手には「牛」。

sugouibe-kaga-018.jpg

この「牛」さんも北野天満宮領だったため、菅原道真所縁のものなんでしょう。

この菅生石部神社の御祭神は日子穂穂出見命(ヒコホホデミノミコト)、豊玉毘賣命(トヨタマヒメノミコト)、鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)の御三神。

sugouibe-kaga-010.jpg

sugouibe-kaga-011.jpg

むかし疫病が流行しそれを鎮めるために用明天皇元年(585年)に宮中で祀っていた神々(現菅生石部神)をこの地にお遷しになり、疫病を鎮め五穀の豊穣を祈願したことにはじまります。
住古より正親町夫皇の頃まで、一年二度の居入祭には勅使が参向し、御衣神宝を奉まつるなど朝廷の崇敬篤かったのだとか。
「義経記」によれば、「菅生の宮を伏し拝み」とあり、義経が参拝したと記されています。
また、木曾義伸、富樫昌家、足利義持、豊臣秀吉、山口玄蕃などの武将が深く尊崇。
前田家においては、夏祭天神講を藩祭とし、三日間の中の日を仕事休めの日として、藩内に住む人々全てを参拝させ崇敬の誠を捧げました。

sugouibe-kaga-030.jpg

夏の大祭「天神講」は、創祀以来 1400年余り続き、7月24日からの3日間、それぞれ茅の輪神事(24日)、疫神塚神事(25日)、湯ノ花神事(26日)の三行事が神社の拝殿にて執り行われ、厄災を払い五穀の豊穣を祈願した古の行事を再現します。
3日間続く特殊な神事は全国でも大変珍しい。

また、毎年2月10日に行われる「御願神事 (ごがんしんじ)」は、俗に竹割祭りとも言われ、青年、壮年数十人が白衣、白短袴姿で炎々と燃える御神火を潜り、2メートル余の青竹を境内境外問わず激しく地面に打ち叩く姿は壮絶をきわめます。



菅生石部(すごういそべ)神社
石川県加賀市大聖寺敷地ル乙81
0461-72-0412



テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

加賀大聖寺の「加賀神明宮」

加賀神明宮 白山宮
2018.12.16

石川県加賀市大聖寺にある「加賀神明宮」です。
大聖寺は、以前大聖寺町でしたが、周辺と合併して加賀市となり、その中心部がここ大聖寺です。
前から加賀市大聖寺は8号線で通過するだけでしたが、今回少し時間があったので、有名どころを見に行ってきました。

shinmeigu-kaga-002.jpg

大聖寺というぐらいですから、大聖寺という有名なお寺があるのだろうと思いましたが、そのお寺があったのは平安時代のことで現在は大聖寺というお寺はないそうです。
その時代、錦城山に白山寺の末寺の白山五院の一つ、大聖寺があり門前町として栄えた、ということです。

大聖寺は石川県でも一番福井県寄りで、加賀インターを過ぎて左へ反れるとすぐそこに小山があってその小山を囲むようにお寺が建ち並んでいます。
山ノ下寺社群というのだそうです。
この中にあるのが、「山下神社」の名で親しまれている「加賀神明宮」です。
以前は山下神社と、江戸時代には神明宮と称していて、祭神は天照大神。

shinmeigu-kaga-028.jpg

山裾をぐるっと廻ってきたら、ちょうど神社の入口に出ました。

shinmeigu-kaga-030.jpg

shinmeigu-kaga-027.jpg

本来は入口から真っ直ぐ延びている参道を通ってお参りするのでしょうが、両側は住宅街になっているので、ここからで良しとします。
参道には、一の鳥居、二の鳥居とあるようです。

shinmeigu-kaga-001.jpg

shinmeigu-kaga-003.jpg

shinmeigu-kaga-010.jpg

shinmeigu-kaga-011.jpg

shinmeigu-kaga-012.jpg

石段を数段上がると境内です。

shinmeigu-kaga-006.jpg

shinmeigu-kaga-007.jpg

正面の階段の上にある本殿の他にも白山宮や松尾神社など、境内社が多い。
御神木も祀られていました。

shinmeigu-kaga-013.jpg

白山宮は南の山上にあります。

shinmeigu-kaga-017.jpg

shinmeigu-kaga-020.jpg

shinmeigu-kaga-021.jpg

この白山宮は養老年間、加賀一の宮の白山五院として白山妙理大権現を勧請、創建した大聖寺の守護神だそうです。
棟札には「大勝寺氏神」と記されています。
というと、この白山宮が、かつての「大聖寺」と関係があるのかな?

shinmeigu-kaga-018.jpg

また山の上にあるので、ここから大聖寺の町並みが一望できます。

shinmeigu-kaga-016.jpg

shinmeigu-kaga-025.jpg

加賀神明宮は、9月1日・2日と2日間にわたって催される「八朔まつり」や春の桜まつりが行われます。
「八朔まつり」は、竹灯りが境内を照らし、幻想的な雰囲気らしいですよ。

大聖寺は平安時代から門前町として栄えたんですが、江戸時代になると加賀百万石の支藩、大聖寺藩(初代藩主 前田利治)の城下町としても発展を遂げたので、歴史と伝統文化の息づく町です。

錦城山(標高約70m。古城山とも)に築かれた、大聖寺城もありました。
1615年(元和1)の一国一城令により廃城。
1639年(寛永16)、金沢藩から7万石を分けられて大聖寺藩となり、大聖寺城のあった錦城山のふもとに大聖寺陣屋を設け、藩庁とした。
藩主の大聖寺前田氏は、前田利治から14代続いて明治を迎えたそうです。
現在、城跡は錦城山公園として整備されています。



加賀神明宮 白山宮
石川県加賀市大聖寺神明町15
0761-72-0451



テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

加賀海岸 加佐ノ岬 (かさのみさき)と灯台

加佐ノ岬 (かさのみさき)
2018.06.01

加佐ノ岬 (かさのみさき) は、石川県の加賀市の加賀海岸で一番日本海に突き出た岬です。

岬というと海にど~んと突き出たイメージですが、地形的にはちょこっと出てるような感じです。
ですが、能登半島の付け根あたりのこの辺は、ほぼ海岸線が一直線なので、少し飛び出てるだけでも加佐ノ岬 にある灯台は、航行する船舶や沖で操業する漁船にとって重要な目印になっているそうですよ。

なんでもその灯台からは、左右に障害物がないので、大パノラマで青い海が見えると評判なのです。
そしてその手前にオシャレなカフェがあるとか。
ならばその景色を堪能し、そのオシャレなカフェでコーヒーでも飲んで一服しようかい、と行ってみることにしました。

海岸線近くを走る国道305号からさらに海岸の方へ。
加佐ノ岬手前の駐車場まではちゃんと舗装してある道路で難なく到着です。

kasanomisaki-ishikawa-004.jpg

そこから歩くんですが、岬の灯台までは200m余り、途中の分かれ道から数十mでカフェです。
とりあえずカフェに行って見ましたが、建物はあるんですが、これがカフェ?何かの会社?と分かりにくい。
そして誰もいない。

少し戻ったら看板があったので確認すると、さっきの建物には間違いない。
しかし、営業時間が…すでに終わっている。
そしてなんと今日金曜日は定休日。
どっちにしてもあかんやん。
どうりでひっそりとしてましたわ~。

kasanomisaki-ishikawa-001.jpg

気を取り直して岬の方へ。
林の中の遊歩道を進むと、一気に開けてきて白い灯台に着きました。

kasanomisaki-ishikawa-007.jpg

kasanomisaki-ishikawa-008.jpg

kasanomisaki-ishikawa-009.jpg

ホントに灯台は真っ白、そして青い海、気持ちいいですね。
これ夕暮れ時はもっといいでしょうね。

kasanomisaki-ishikawa-014.jpg

kasanomisaki-ishikawa-013.jpg

kasanomisaki-ishikawa-018.jpg

kasanomisaki-ishikawa-024.jpg

kasanomisaki-ishikawa-025.jpg

また岬からは自然遊歩道がずっと続いていました。



加佐ノ岬
石川県加賀市橋立町ふ92 ←地図を表示
カフェ・ランチ 加佐ノ岬倶楽部
石川県加賀市橋立町 フ−23
0761-75-1627
営業時間 10:30~17:00
定休日 金曜日

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

うさぎと遊べる「月うさぎの里」

月うさぎの里
2018.06.01

石川県加賀市、日本海に注ぐ大聖寺川の河口付近に「月うさぎの里」という施設があった。

ほぼほぼ福井県との県境近くで、すぐそこに北潟湖、その北端に吉崎御坊があり、国道305号で金沢方面に向かうとこの施設が現れる。

tsukiusagi-kagashi-031.jpg

和風の館と言った感じの建物で、大きな和菓子のお店か?と。
実際に加賀は和菓子の老舗が多く、国道8号線沿いには、お城を模した大きなお店もある。
まして「月うさぎ」って、もろ和菓子の名前。
知らないと勘違いしますよね。

tsukiusagi-kagashi-026.jpg

tsukiusagi-kagashi-025.jpg

国道沿いに長い施設、中央の正面玄関を入ると、うさぎ広場があって、本物の50羽以上のうさぎが放し飼いにされていました。

tsukiusagi-kagashi-002.jpg

tsukiusagi-kagashi-017.jpg

tsukiusagi-kagashi-018.jpg

tsukiusagi-kagashi-015.jpg

tsukiusagi-kagashi-008.jpg

時間帯によってうさぎと触れ合える「抱っこタイム」があるとのことですよ。
また広場にエサの自動販売機が数台あって、うさぎにエサをあげることが出来ます。
さながら「モグモグタイム」ですかね。

ウサギは、いろいろ種類の違うものがいるようで、色や顔、耳の形が違ったウサギもいます。

しかししゃがむと、ウサギさんが数匹がドッと寄って来ます。
最初、いい人と分かるので寄って来る?
と思いました。
が、やはりそうではなく、エサをくれると思って寄ってくるんですね。(笑)

そして広場には、うさぎのおみくじが人気の「月うさぎ神社」もありました。

tsukiusagi-kagashi-019.jpg

tsukiusagi-kagashi-020.jpg

施設の右側は大きなお土産物のショップになっていて、うさぎのぬいぐるみなどの雑貨がズラリ。
もちろんお菓子類や物産類も豊富にあります。

左側の建物群はレストラン関係みたいでしたが、平日の夕方なので閉まってました。

tsukiusagi-kagashi-023.jpg

無料で、このへんでは珍しい「うさぎさん」と触れ合えるので是非行ってみてはいかがでしょう。

tsukiusagi-kagashi-034.jpg

うさぎ動画(1)

うさぎ動画(2)

月うさぎの里
石川県加賀市永井町43-41 ←地図を表示
0761-73-8116
営業時間 9:00~17:00

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
自動車保険を見直しませんか?
一括見積【無料】
自動車保険
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
日本の蒸気機関車3選
「C57」「C62」「D51」 このポストカードは、国鉄車両設計図を基に細密な線で描かれた版画「日本の名蒸気機関車12選(画・前田浩利)」の貴重な原画をもとに制作されたものです。 交通博物館にも所蔵されているもので、写真と見間違うばかりで、とても手書きで描かれた版画とは思えません。

NEXCO中日本オンラインモールで販売 ← クリック

直接お問い合わせ 
小澤工芸メール
敦賀太郎のブログ

お得で便利

車のトラブル一発解決

JAF

ホテル・旅館を探すなら

>>人気ホテルの価格を今すぐチェック<<

かんたん発行

ETCカード

ドメイン取るならお名前.com

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

送料無料の情報が満載!

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
福井・若狭からの贈り物
400年の伝統 若狭塗り箸
福井・若狭からの贈り物 椿油
nexcologo.jpg

わかさ椿油は、若狭湾の椿を採り、生搾り、無添加・非加熱の100%純国産椿油です。


tsubaki-fc-001.jpg tsubaki-fc-002.jpg

ブレゼント用にラッピング


お肌や髪になじみやすい化粧用油です。ツバキ油は、髪をつややかにするだけではなく、頭皮や肌荒れにも効果的な成分を含み、美しい髪やお肌に最適です。

tsubaki-fc-004.jpg

椿みつ朗スキンクリーム


tsubaki-fc-005.jpg

全身ローション わかさ椿


tsubaki-fc-006.jpg

わかさ椿 玉肌ローション

検索フォーム
カテゴリ