FC2ブログ

加能八景の一つ「荒俣峡(あらまたきょう)」



荒俣峡
2018.11.16

石川県小松市を流れる大杉谷川の中流で「加能八景」の一つにも数えられる景勝地があります。
この川で最も谷間の狭まったところ「荒俣峡(あらまたきょう)」です。

道は2車線の舗装道路。
そんな「峡」というほど険しくはなく、幾つかの集落を抜けていきます。
と、急に山あいに入り、らしくなってきました。

aramatakyo-komatsu-003.jpg

aramatakyo-komatsu-004.jpg

そして、大杉谷川に架かる橋を渡ると左側に「荒俣峡」と書いた看板と駐車場かあった。
そんな広くはないですが、10台ぐらいは停めれそうです。

車を降り橋の方に歩く。
この橋の前後が荒俣峡の絶景ポイントみたいですね。

aramatakyo-komatsu-005.jpg

aramatakyo-komatsu-009.jpg

aramatakyo-komatsu-011.jpg

橋の袂から川岸に下流へ400mほどの遊歩道がありました。
橋の途中から川の中洲へ降りることができるように階段が付けられています。

aramatakyo-komatsu-030.jpg

川はこの辺りかのり蛇行して岩肌を削り荒々しさを感じます。
が、今日はサラサラと穏やかな水の流れで、中洲へ降り立って水際まで行けました。

aramatakyo-komatsu-014.jpg

aramatakyo-komatsu-020.jpg

aramatakyo-komatsu-024.jpg

その中洲から見ると、道路脇に建つ「長寿庵」の建物が映えますね~。
ちなみに「長寿庵」は魚料理などの料理屋さんだそうですよ。

aramatakyo-komatsu-034.jpg

aramatakyo-komatsu-037.jpg

aramatakyo-komatsu-040.jpg

肝心の紅葉は、これからなのか、終わったのか、よく分からない。
赤く色づいた葉があるものの、緑の葉も多く、これを見ると、これからなのかな?と思ったり…。
ホント今年はよく分からんですね。
今年は遅くまで暑かったので、紅葉の期間がないと言われてますしね。

aramatakyo-komatsu-043.jpg

aramatakyo-komatsu-046.jpg



荒俣峡
石川県小松市赤瀬町



テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

那谷寺 奇岩遊仙境の紅葉



高野山真言宗別格本山 那谷寺

紅葉の季節がやってきました。
まだちょっと早いかな?と思いつつ、今回は石川県へ行ってまいりました。
石川県の紅葉どころはたくさんありますが、まだ行ったことのないところ、小松市の郊外にある「那谷寺」に行って見ることにしました。
これで、「なたでら」と読みます。

natadera-015.jpg

紅葉スポットで有名なんですが、お寺自体、始まりは養老元年(717年)ということですのでかなり古い。

泰澄法師が十一面千手観世音菩薩を洞窟内に安置し、岩屋の胎内をくぐる霊場としてお堂を建てた。
その後寛和2年(986年)に花山法皇が行幸の際、観音霊場三十三カ所はすべてこの山に凝縮されるとし、西国三十三観音の一番「那智」と三十三番「谷汲」の山号から一字ずつを取り「那谷寺」となったという歴史ある凄いお寺です。

natadera-020.jpg

natadera-021.jpg

natadera-044.jpg

山門をくぐり山道を進んで行くと、ドォーんと目に飛び込んでくるのが、左手に見えてくる「奇岩遊仙境」の岩肌だ。
これには圧倒される。

natadera-045.jpg

natadera-053.jpg

natadera-142.jpg

natadera-135.jpg

そして右奥の階段を登ると、本殿が岩窟中腹に建てられていて、京都の清水寺みたいな舞台造りになっている。
ご本尊の十一面千手観世音菩薩はここの岩窟内に安置されている。
この岩窟の中が、岩屋の胎内と言われている。

natadera-068.jpg

natadera-072.jpg

また参道の右側には、楓月橋、鎮守堂、三重塔、護摩堂などが立ち並んでいて、これらも季節を問わず自然と調和して絶景です。

natadera-101.jpg
鎮守堂

natadera-092.jpg
楓月橋

natadera-085.jpg
三重塔

natadera-165.jpg
護摩堂

natadera-176.jpg

「 石山の 石より白し 秋の風 」芭蕉
奇岩霊石がそそりたつ遊仙境の岩肌を臨み句を詠んでいます。



那谷寺
石川県小松市那谷町ユ-122
0761-65-2111
拝観時間 8:30 ~ 16:45
年中無休
拝観料
大人(中学生以上)600円
小学生 300円

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

安宅住吉神社 難関突破のご利益あり



安宅住吉神社

歌舞伎の「勧進帳」で有名な安宅の関、この同じ安宅公園内に安宅住吉神社というのがあるそうなので行ってみました。
(安宅の関 http://tsurugataro.com/blog-entry-153.html)
松林に覆われたこんもりとした丘、二堂山(海抜15m)の頂に安宅住吉神社はありました。

atakajinja-012.jpg

最初、源義経が武蔵坊弁慶らの一行と関守・富樫泰家のやり取りである勧進帳の逸話から、後に建てられた神社だとばっかり思っていましたが、なんの何の創建は古く、一千二百有余年前、奈良時代天応二年(782年)だそうで驚きました。
昔は安宅住吉大明神・二宮住吉大明神・住吉宮とも称され、その名は古典にもしばしば見られていて、北陸道往来の人々が必ず詣でた古社で、「縁ありて社頭に詣づる人、誠を込めて神前に祈りを捧げば、その祈りは必ずや成就されん。」と云われていたそえです。

atakajinja-017.jpg

境内地は、12,000坪もあり、本殿を中心に末社金比羅社・稲荷社・関ノ宮をそれぞれお祀りしていて、県指定の史跡「安宅ノ関跡」もある。との事ですからこの安宅住吉神社の敷地内に安宅ノ関跡があるんですね。こちらが主ということでした。

atakajinja-018.jpg

本殿にお参りしようと近くに行ったら、親切にも巫女さんが社殿内に案内してくれ、いろいろと説明してくれました。
「皆様が大神様の御神徳を益々戴かれ、更には安宅の関の当時を偲んでいただくため、 当社では、巫女のガイドによる安宅住吉神社、安宅の関のご案内( 無料) を行っております。」とのことです。
なるほど説明を聞くと、知らなかったことや発見があります。
この安宅の関というのは、ずっとあったものではなく、源頼朝が義経を捕らえるためだけに富樫氏に命じて設けた臨時のものだったんですね。

atakajinja-022.jpg

atakajinja-020.jpg

atakajinja-016.jpg

atakajinja-015.jpg

atakajinja-008.jpg

また敷地内に、至誠館弓道場があり、射初式一月三日開設記念、大会九月下旬(日)、納射会十二月上旬(日)が行われているそうです。

atakajinja-024.jpg

atakajinja-027.jpg



安宅住吉神社 社務所
石川県小松市安宅町タ17 
0761-22-8896


テーマ : 神社めぐり
ジャンル : 旅行

安宅の関 歌舞伎の「勧進帳」



安宅の関

ちょうど小松空港から海辺に出た辺りの小高い丘一帯が松林になっていて、その一角に「安宅の関跡」がある。
すぐそこには、砂浜と日本海が広がっている。
北陸高速を走っていても加賀ICと小松ICの中間あたりに安宅PAというのがありスマートICにもなっている。
安宅の関(あたかのせき)は、守護、富樫氏が設けたと言われる関所です。
そして安宅の関と言えば、源義経が武蔵坊弁慶らとともに奥州藤原氏の本拠地平泉を目指して通りかかり弁慶が偽りの勧進帳を読み義経だと見破りはしたものの関守・富樫泰家の同情で通過出来たという、歌舞伎の「勧進帳」で有名なところ。
その「勧進帳」とは、弁慶が「読み上げ」する場面で持っていた巻物を朗々と読み上げたことから、あたかも原稿を読んでいるようで実は即興でものを言っている様子をいいます。
タモリが赤塚不二夫の葬儀で8分にわたる弔辞を行いましたが、手にしていたメモは白紙であり、「現代の勧進帳」とも言われてましたね。

atakanoseki-003.jpg

駐車場へ車を停めて松林の中を少し歩くと関所後が見えてきました。

atakanoseki-001.jpg

atakanoseki-007.jpg

atakanoseki-005.jpg

右手に「源義経」「武蔵坊弁慶」そして関守の「富樫泰家」の大きな銅像が建っています。
武蔵坊弁慶は七代目松本幸四郎が、富樫泰家は二代目市川左團次がモデルとなっているそうです。源義経は分かりません(><)

atakanoseki-010.jpg
源義経

atakanoseki-009.jpg
武蔵坊弁慶は七代目松本幸四郎がモデル

atakanoseki-008.jpg
関守・富樫泰家は二代目市川左團次がモデル

そして左手には、案内所、カフェやお土産ものなどが入った建物と勧進帳ものがたり館というのがあった。
早速、カフェで休憩がてら、お土産ものを見て回る。

atakanoseki-023.jpg

やはり目を引くのは、九谷焼の小物や輪島塗の箸等々ご当地の名産品の数々、そしてなるほどと思ったのが、一行が難関の安宅の関を見事突破したことから、難関突破のお守りなどのグッズが多くあることです。
受験、就職、また難を逃れることから、交通安全などのお守りとして人気がありそうですね。

atakanoseki-024.jpg

atakanoseki-022.jpg

atakanoseki-021.jpg

atakanoseki-026.jpg

勧進帳ものがたり館は残念ながら時間がなかったのでパスしました。



安宅の関
石川県小松市安宅町タ−140−4
0761-21-6734
勧進帳ものがたり館
休館日:水曜日、年末年始
開館時間:午前9時~午後5時
料金:大人 300円、高校生以下 150円
※小松市在住の65才以上の方は無料
安宅ビューテラスは無料


テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
自動車保険を見直しませんか?
一括見積【無料】
自動車保険
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
日本の蒸気機関車3選
「C57」「C62」「D51」 このポストカードは、国鉄車両設計図を基に細密な線で描かれた版画「日本の名蒸気機関車12選(画・前田浩利)」の貴重な原画をもとに制作されたものです。 交通博物館にも所蔵されているもので、写真と見間違うばかりで、とても手書きで描かれた版画とは思えません。

NEXCO中日本オンラインモールで販売 ← クリック

直接お問い合わせ 
小澤工芸メール
敦賀太郎のブログ

お得で便利

車のトラブル一発解決

JAF

ホテル・旅館を探すなら

>>人気ホテルの価格を今すぐチェック<<

かんたん発行

ETCカード

ドメイン取るならお名前.com

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

送料無料の情報が満載!

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
福井・若狭からの贈り物
400年の伝統 若狭塗り箸
福井・若狭からの贈り物 椿油
nexcologo.jpg

わかさ椿油は、若狭湾の椿を採り、生搾り、無添加・非加熱の100%純国産椿油です。


tsubaki-fc-001.jpg tsubaki-fc-002.jpg

ブレゼント用にラッピング


お肌や髪になじみやすい化粧用油です。ツバキ油は、髪をつややかにするだけではなく、頭皮や肌荒れにも効果的な成分を含み、美しい髪やお肌に最適です。

tsubaki-fc-004.jpg

椿みつ朗スキンクリーム


tsubaki-fc-005.jpg

全身ローション わかさ椿


tsubaki-fc-006.jpg

わかさ椿 玉肌ローション

検索フォーム
カテゴリ