「養浩館」松平春嶽が名付けた福井藩主松平家の別邸

名勝 養浩館庭園
2017.08.01

福井市内をウロウロしていると、突然現代的な市街地の中に長い土塀が‥。
中に藁葺きの屋根も見えるし、なんじゃここは!
あぁ、ここがあの「養浩館」か。
よし、折角だから見て行くか、と車を止めて見学してきました。

youkoukani-fukui-087.jpg

養浩館庭園は、江戸時代には「御泉水屋敷」と呼ばれた、福井藩主松平家の別邸です。
御泉水屋敷が整備されたのは、2代藩主忠直から7代藩主昌明の頃とされてます。
1600年代の初めから1700年頃にかけてでしょうか。
以後、茶会・饗応の席や藩主一族の休養の場、住居などとして使われたようです。

youkoukani-fukui-085.jpg

入園料は大人210円と国の名勝に指定されているにわりには安価です。
まずは庭園の池の東側にある「御茶屋」と呼ばれた屋敷へ。

youkoukani-fukui-004.jpg

おぉ、ここが先ほど外から見えた茅葺の建物ですね。
正確にはこの屋根は「柿葺<こけらぶき>寄棟のむくり屋根」と言うんだそうです。
「御茶屋」じたいは数奇屋造建築。

youkoukani-fukui-082.jpg

youkoukani-fukui-019.jpg

youkoukani-fukui-014.jpg

youkoukani-fukui-015.jpg

奥に入り左側には座敷が数部屋あり、それぞれ名前が付いています。
右手は、廊下でつながれた「御湯殿」となっており、蒸し風呂もあります。

youkoukani-fukui-040.jpg

youkoukani-fukui-045.jpg

左手の「御座ノ間」や「御月見ノ間」からの眺めは素晴らしいですね。
縁側に座っていると、あんなに暑い日にもかかわらず涼しげな風が気持ちいい。
大きな池の向かい側から渡ってくる風は妨げるものなくホント涼しく感じます。
外の空気とこれだけ違うのかと驚くばかりです。
かつての藩主もこんなことを思ったんですかね。
優雅なもんです。

youkoukani-fukui-025.jpg

youkoukani-fukui-032.jpg

youkoukani-fukui-018.jpg

そして池の周りの回遊式林泉庭園を一周します。
池の反対側から見ると、屋敷の全貌か見渡せます。
絵になりますね。
市街地の中になるので、屋敷の後ろにビルがいくつか見えるのが、少々興ざめか‥。

youkoukani-fukui-048.jpg

youkoukani-fukui-051.jpg

youkoukani-fukui-053.jpg

youkoukani-fukui-055.jpg

youkoukani-fukui-061.jpg

youkoukani-fukui-069.jpg

youkoukani-fukui-076.jpg

この「養浩館」という名前は、明治17年松平春嶽によって「養浩館」と名づけられたそうで、その由緒については由利公正が明治24年に「養浩館記」を記しているということです。

youkoukani-fukui-088.jpg



名勝 養浩館庭園
福井市宝永3丁目3-11 ←地図を表示
福井市立郷土歴史博物館
0776-21-0489
開館時間
9:00~19:00(3月1日~11月5日)
9:00~17:00(11月6日~2月末日)
閉館日
無休。ただし年末年始(12月28日~1月4日)を除く。
料金 大人(15歳以上)210円
隣接する歴史博物館との共通券 大人(15歳以上)340円

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

足羽山(あすわやま)と足羽神社(あすわじんじゃ)

足羽神社
2017.02.28

福井市の足羽山(あすわやま)にある足羽神社に行ってみました。
足羽山は福井平野の中心にある独立した小山で、山上は足羽山公園として整備され、山裾を流れる足羽川と共に、日本さくら名所100選に指定されているところです。
また1583年の秀吉の柴田勝家攻めの際、秀吉は足羽山上、天魔が池付近に陣取ったと伝えられています。
因みにこの福井平野に柴田勝家の越前北ノ庄城がありました。
当然の事ながら、桜の時期は当然のことながら大混雑です。
とは言っでも、今の時期は人もまばら、車で山上まで行けます。

asuwayama-fukui-003.jpg

その足羽山の山上にあるのがズバリその名のとおり足羽神社です。
この足羽神社は、五世紀後半ごろ、男大迹王(後の継体天皇)が越前でお過ごしの時、朝廷に祀られている大宮地之霊(坐摩神)を勧請し、諸事の安全を祈願したのが足羽神社の起源とされています。
また、第26代天皇として即位をされ越前を発たれる時に、「末永くこの国の守り神とならん」と、自らの生御霊(いきみたま)を鎮めて旅立たれたとのことです。

asuwayama-fukui-004.jpg

asuwayama-fukui-009.jpg

asuwayama-fukui-016.jpg

asuwayama-fukui-019.jpg

asuwayama-fukui-024.jpg

asuwayama-fukui-017.jpg

asuwayama-fukui-026.jpg

また、足羽神社の御神紋は「三光(さんこう)の紋」といい、これは非常に珍しい紋章で、「日(太陽)」と「月」と「星」を組み合わせ「○」で囲んで標されています。

asuwayama-fukui-034.jpg

太陽と月は、昼と夜に全ての物を照らし、命と力を与え、星(北極星)は、夜でも方角の導きとなり、その不動の輝きから天皇を象徴するそうです。

asuwayama-fukui-006.jpg

asuwayama-fukui-011.jpg

asuwayama-fukui-018.jpg

この神社にある「しだれ桜」は有名で、約370年間、「足羽さんのしだれ桜」として広く親しまれてきた名木です。

asuwayama-fukui-027.jpg

asuwayama-fukui-033.jpg

asuwayama-fukui-002.jpg



足羽神社社務所
福井市足羽上町
0776-36-0287 

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

福井市の「うなぎや」絶品せいろ蒸し

うなぎや

福井市高木中央にあるうなぎ屋さんですが、店の名前も「うなぎや」(^-^)
昔何回か連れて行って貰った事がある店で、せいろ蒸しが美味しかったです。
去年でしたか思い出して場所も名前も分からないまま、遠い記憶を頼りに行ってみました。
どうにか、ここだったかな、という所に行き着いたんですが、建物は見覚えがあるものの看板もなくお店はやってない。
それで、近所の人に聞いたら、確かにうなぎ屋さんだったが、移転したとの事(≧∇≦)
それから1年余り行方不明(笑)でしたが、偶然分かったので、これは「行けっ」と言われているんだなと早速行って参りました。(^-^)

unagiya-fukui-016.jpg

おぉ、立派な建物になってます。
以前の店は、狭くてカウンターに座ると目の前で鰻を焼いているような風情のあるお店でしたが、今は座敷もある大きな建物になり、店の前に駐車場も完備しています。

unagiya-fukui-002.jpg

早速、座敷に通されて、メニューを見てみると、ありました「せいろ蒸し」2900円(^-^)/
その他には、鰻丼、お刺身定食、天ぷら定食がありました。
ちなみに「うな丼」も2900円(^-^)
少々痛いですが、思い切りましょうσ^_^;
昔を思い出して「せいろ蒸し」にしようか「ひつまぶし」にしようか、店に入る前まで迷っていたんですが、「ひつまぶし」はないんですね。
では、迷わず「せいろ蒸し」に決定。

unagiya-fukui-007.jpg

unagiya-fukui-008.jpg

unagiya-fukui-010.jpg

蒲焼きみたいにタレを付けて焼かないので、蒸しあがったうなぎはふっくらとしている。
美味い。
鰻を食べてるんだなぁ、と実感できました。

unagiya-fukui-012.jpg

unagiya-fukui-013.jpg



うなぎや
福井市高木中央2-4118
0776-54-8700
営業時間 11:00~14:00 17:00~21:30
定休日 水曜日


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

賀茂神社 福井の陰陽道と所縁のある神社

賀茂神社
2016.02.07

福井県にも陰陽道と所縁のある神社があった。
旧清水町、現福井市大森町にある「賀茂神社」がそうです。
福井市中心部から泰澄の森へ向かう途中にあり、道沿いに大きな看板が立っています。
たまたま通りかかったらこの看板が目に止まり、どんな神社かなっと立ち寄ってみました。

kamojinja-fukui-008.jpg

幹線道路の看板あたりからそれて小高い丘を登って行くと、すぐに大きな鳥居がありました。

kamojinja-fukui-012.jpg

鳥居をくぐって進んで行くと、参道の真ん中に石柱が立っていて「お百度詣り」彫られています。
なるほどお百度詣りの時は、本殿からここの石柱までを往復するようになっているようです。

kamojinja-fukui-013.jpg

kamojinja-fukui-015.jpg

右手の「手水舎」で手を清め口を濯いでさらに進むと拝殿手前両側に、各干支の神様を祀った「干支守護社」があります。

kamojinja-fukui-019.jpg

kamojinja-fukui-018.jpg

なんでも京都賀茂神社御祖神社(下賀茂神社)より、干支守護神の御分霊を頂いたおり、建立された社だそうです。
早速、生まれた干支の神様にお祈りしました。

kamojinja-fukui-022.jpg

kamojinja-fukui-020.jpg

拝殿の前の両側に不思議な黒い石があります。この石は、心の中で願い事をしながら1回転させると願いが叶うそうですよ。

そして、拝殿の前へ。
よく見ると、陰陽道の参拝の方法と言うのが書いてありました。
先の黒い石を廻すのも陰陽道の作法的なものなんですね。

kamojinja-fukui-024.jpg

kamojinja-fukui-026.jpg
拝殿の中も入れてもらえました。

なんとここは、遠祖賀茂氏が師匠で、その弟子があの陰陽師「安倍晴明」だそうです。
平安時代には、安部晴明は天文学を、賀茂保憲の子光栄は暦道を司り、陰陽道界は賀茂・安倍両家の支配することとなる。とあります。
ちなみに今の神職は養老元年神社創建より代々奉仕し現神職廣部重紀にて43代だそうです。
そして、今でも賀茂氏より伝えられし守札の秘伝書により慎重に謹製した300種以上の特別調整守札を授与しているそうです。
元正天皇の御宇養老元年(717)社家廣部の祖廣部民部京都賀茂両宮の御神璽を当地に奉斎し賀茂下上大明神と尊称する。
とあるので、かなり古いですね。

kamojinja-fukui-001.jpg

安倍家は室町時代に土御門家に引き継がれ、明治新政府の廃絶命令後民間に下って天社土御門神道として関連の陰陽師に継承され、現在福井県若狭町にて現存する。
と、あるのでこちらの方も気になりますね。



賀茂神社
福井県福井市加茂町
0776-98-3087

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

FC2カウンター
自動車保険を見直しませんか?
一括見積【無料】
自動車保険
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
日本の蒸気機関車3選
「C57」「C62」「D51」 このポストカードは、国鉄車両設計図を基に細密な線で描かれた版画「日本の名蒸気機関車12選(画・前田浩利)」の貴重な原画をもとに制作されたものです。 交通博物館にも所蔵されているもので、写真と見間違うばかりで、とても手書きで描かれた版画とは思えません。

NEXCO中日本オンラインモールで販売 ← クリック

直接お問い合わせ 
小澤工芸メール
敦賀太郎のブログ

お得で便利

車のトラブル一発解決

JAF

ホテル・旅館を探すなら

>>人気ホテルの価格を今すぐチェック<<

かんたん発行

ETCカード

ドメイン取るならお名前.com

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

送料無料の情報が満載!

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
福井・若狭からの贈り物
400年の伝統 若狭塗り箸
福井・若狭からの贈り物 椿油
nexcologo.jpg

わかさ椿油は、若狭湾の椿を採り、生搾り、無添加・非加熱の100%純国産椿油です。


tsubaki-fc-001.jpg tsubaki-fc-002.jpg

ブレゼント用にラッピング


お肌や髪になじみやすい化粧用油です。ツバキ油は、髪をつややかにするだけではなく、頭皮や肌荒れにも効果的な成分を含み、美しい髪やお肌に最適です。

tsubaki-fc-004.jpg

椿みつ朗スキンクリーム


tsubaki-fc-005.jpg

全身ローション わかさ椿


tsubaki-fc-006.jpg

わかさ椿 玉肌ローション

検索フォーム
カテゴリ