天神様の北野天満宮

北野天満宮
2018.04.20

今年は春になってしまいましたが、年始めの大雪などでお参り出来なかった「北野天満宮」へ行って参りました。
この4月の時期は、梅 (2月)、桜 (3月~4月初旬)も終わっているので、ただただお参りに、ってスタンスです。

kitanotenmangu3-033.jpg

北野天満宮は、もともと京都の北西、「乾」を守護する神社で、天地すべての神々を祀った地主社です。
903年大宰府に流された菅原道真が死去すると、京都では落雷などの災害が相次ぎ、道真の祟りがと噂が流れ、そこで朝廷は道真の魂を鎮めるため947年に新たに建てられたのが始まりです。
その後は一條天皇から「北野天満宮天神」の神号が認められ、厚い信仰を受けました。

菅原道真といえば学問の神様ですが、実は農耕の神、正直・至誠の神、冤罪を晴らす神、学問・和歌・連歌の神、渡唐天神、芸能の神、厄除の神と全部で7つのご神徳があるそうです。

市内を東西に走る「今出川通り」と南北の「御前通り」の大きな交差点の角にあります。
この「御前通り」は北の端かな?

kitanotenmangu3-072.jpg

kitanotenmangu3-068.jpg

駐車場が参道沿いにあり、一時間以内は無料とかなり有難い。
有名所の寺院だと駐車料金が500~1000円はかかるので助かります。

kitanotenmangu3-002.jpg

kitanotenmangu3-007.jpg

kitanotenmangu3-009.jpg

一の鳥居は交差点に面していて、参道の先に「楼門」が見える。

「楼門」をくぐると左側を進みます。

kitanotenmangu3-045.jpg

そこには大きな「絵馬所」があり、そこから今度は右に曲がって進みます。

kitanotenmangu3-012.jpg

先の「三光門」までの参道脇に、道真の使いとされる「牛」がおります。

kitanotenmangu3-015.jpg

ここだけでなくあちこちに牛が座っていますが、牛は天満宮では神使とされていて、菅原道真が丑年であったこと、道真が亡くなった日が丑の月の丑の日であること、道真が大宰府に下る時に牛にまたがっていったなど、いろいろな説があるのです。
この牛は「なで牛」と言われ、頭をなでると頭が良くなると、また自分の身体の悪いところをなでてから、なで牛の同じ場所をなでるとその箇所が良くなるとも言われています。

kitanotenmangu3-017.jpg

kitanotenmangu3-016.jpg

特にこの参道の三光門に向かって右側の牛さんは黄金色の牛さんです。
みんなが撫で回すので、牛さんは皆ピカピカに光ってます。
もちろん私もワラをも掴む思いで…。
因みに何故座っているのかと言うと、道真が逝去の際に遺骸を運ぶ途中で車を引く牛が座り込んで動かなくなったため、付近に埋葬したという故事が由来だそうです。

kitanotenmangu3-021.jpg

kitanotenmangu3-047.jpg

三光門をくぐって本殿へ。
三光門とは「日」「月」「星」の彫刻が彫られている門のことを言います。
実はこの三光門には「星」がありません。
星は天上の北極星を指す説があるんだそうですが、平安時代に御所は千本丸太町にあり、そこから北野天満宮に向かってお祈りする時に三光門の真上に北極星があったと言われているそうで、この三光門には「星」が無いんだとか…。

kitanotenmangu3-022.jpg

kitanotenmangu3-034.jpg

kitanotenmangu3-024.jpg

kitanotenmangu3-026.jpg

本殿へ。
これは国宝。

kitanotenmangu3-036.jpg

kitanotenmangu3-052.jpg

kitanotenmangu3-054.jpg

本殿に向かって左側奥に進むと豊臣秀吉公が築いた「御土居」を見ることができます。

この「御土居」は、洛中洛外の境界、水防のための土塁と言われています。
その一部が残る一帯は自然林で、自生のものと植林されたものとで、約350本の紅葉の名所「もみじ苑」となっています。
紙屋川にかかる朱塗りの太鼓橋「鶯橋」や、茶室の梅交軒があります。
菅原道真と言えば「梅」なんですが、この「もみじ」もまた道真公ゆかりと言えるそうです。

kitanotenmangu3-055.jpg

kitanotenmangu3-057.jpg

この「もみじ苑」は今、青もみじの時期で、新緑の清々しい美しさや、かつて紙漉き場であった紙屋川の水面に映る鮮やかな青もみじがまた紅葉の頃と違った味わいです。
ここからは時期的に有料となっており、青もみじ観賞の入場料は大人500円となっておりました。

まだまだ見所はたくさんあるんですが、それはその時期にまたお詣りに行って、と言うことで。
因みに毎月25日は、菅原道真の誕生日が6月25日であることから、縁日が行われていて、いつもとは違った賑やかな雰囲気だそうです。

kitanotenmangu3-079.jpg



北野天満宮
京都市上京区馬喰町 ←地図を表示
075-461-0005
楼門の開閉時間
4月~9月 5時~18時
10月~3月 5時30分~17時30分
境内の拝観は自由です。
開場時間 9時~17時
*毎月25日は、縁日のため駐車できませんので公共交通機関でお越しください。但し、第2駐車場(今出川通七本松東側)には約40台駐車できます。
関連記事

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

金沢市のラーメン店、自家製麺の「のぼる」

のぼる
2018.04.13

金沢市のラーメン店、自家製麺の「のぼる」さんです。
何でもミシュランのビブグルマン掲載店で、連日、行列のできる店のラーメン屋さんらしい。
しかもお昼のみの営業で午後3時まで。
なので、ちょっと時間をずらし、早からず遅からずのお昼2時過ぎに行ってきました。

noboru-kanazawa-004.jpg

お店はコープの隣で、店の前に3台分くらいの駐車場があります。
が、当然いっぱいで、どうしようか?と思っていたら、
「お隣のコープさんの駐車場に止めてください」
と書いてありました。
良かった、広い駐車場が利用出来るので助かります。

noboru-kanazawa-005.jpg

平日の2時過ぎと言うことで、以外とすんなり入店できました。
店内は木調で、明るい感じです。
厨房を囲むようなカウンターが12席と4人掛けのテーブル席が2卓。
それと入口付近に待ち席の木製の椅子。
そう言えば外にも椅子が並んでいました。

noboru-kanazawa-006.jpg

noboru-kanazawa-008.jpg

noboru-kanazawa-010.jpg

さっそく、メニューを見ていると、すいませんが、「シャモ&コーチン」は売り切れましたので、それ以外でお願いします。と言われました。
他には、京ラーメン650円、京しお700円、京にぼ700円、納豆ラーメン700円、京坦々750円、つけ麺並750円。
では、人気だという「京ラーメン」を、友達は「京にぼ」にしました。

京ってのは京都の京なんでしょうかね。
京都風ラーメンってことかな?
鶏ガラスープに背油チャッチャ系?

noboru-kanazawa-013.jpg

noboru-kanazawa-015.jpg

その京ラーメンは、あっさり鶏白湯系で、とろみのあるスープ。
優しい味ですが、キレねないボヤっとした感じ。
器のふちについている味噌を付けてみると、ちょっと味が変わり引き締まったように思いました。

noboru-kanazawa-017.jpg

自家製麺で、細麺のストレート。
チャーシューは、豚肩ロース肉のレアチャーシュー。
麺もチャーシューも好みで美味しい。
でも京都ラーメンと言われると分からない。
どろどろも最後の方はチト飽きがくる。

noboru-kanazawa-014.jpg

「京にぼ」は、煮干しが濃厚。
ベースは京ラーメンで魚粉、煮干しを投入か?
でもこれはこれで美味しいし、両方ともかなり完成度は高い。

noboru-kanazawa-018.jpg

これはチャーシュー丼、旨い。

また行きたい度 5点中3.5点



自家製麺 のぼる
石川県金沢市玉鉾1丁目177 ←地図を表示
076-200-9397
営業時間 11:00~15:00
定休日 火曜日

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

福井市板垣 熟成かつ 天膳

熟成かつ 天膳
2018.04.13

福井市にある豚カツ屋「天膳」、「てんぜん」かと思ったら「あまぜん」と読む。
前に板垣にあった「大阪王将」のあとに出来た。
って言うか、いつの間にか変わってた。
大阪王将流行ってなかったんですかねぇ。

amazen-itagaki-001.jpg

とにかくこの「天膳」さんは、本店が永平寺町にある人気店で、福井市内に2号店(板垣店)を出したらしい。
この気になる熟成とんかつとは、豚肉を低温管理のゆきとどいた庫内で熟成させて旨味と柔らかさを最大限に引き出した状態のお肉のことです。
とあります。なるほど。
そして、このお肉を低温でじっくり揚げることで更に柔らかく繊細な肉質をご提供しております。
というので、それではと行ってみることにしました。

amazen-itagaki-006.jpg

以前の大阪王将さんの後なので、駐車場も広くていい。
店内もそのまま。

amazen-itagaki-007.jpg

amazen-itagaki-008.jpg

amazen-itagaki-011.jpg

人気は、やはり熟成とんかつ、ソースカツ丼と蕎麦セット、純けいカツ丼あたりらしい。
他にも「岩塩ヒレかつ」やソースではなく醤油のかつ丼、豚カツカレー、またお昼は「天膳ランチ」というのもある。
今日はせっかくなので、その「熟成とんかつ」を注文してみた。
肉は200gで、キャベツとご飯は、この手の店によくあるサービスで、おかわり自由です。
これが1480円(税別)。

amazen-itagaki-013.jpg

とんかつは厚みのあってボリュームあります。
玉子の黄身が付いていて、途中でソースの器に入れると円やかになります。
サクサクで肉も柔らかいし美味しい。
ちょっと筋も気になったけど…。
しかし200gは結構量があってお腹にきます。
ステーキとは違い、油の衣がありますからね。
なので、せっかくのキャベツ、ご飯のおかわりは出来ませんでした。
多いと思ったら、最初にこの200gを150gにも出来ます。

次回は「カツ丼と蕎麦のセット」か「純けいカツ丼」あたりいってみたいですね。

amazen-itagaki-015.jpg

コーヒーは別料金。



熟成かつ 天膳
福井県福井市木田2丁目2106 ←地図を表示
0776-97-9524
営業時間 11:00~22:00 日曜のみ 10:00~21:00
定休日 なし

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

長浜市365号 中国菜館 登龍門

中国菜館 登龍門 (トウリュウモン)
2018.04.09

滋賀県琵琶湖の東側、国道365沿いにある中華料理屋「登竜門」さんです。
木之本から関ヶ原へ向かうと、ずっと田園風景を走ってる感じなんですが、急にスーパーやコンビニなどがある賑やかなところがあります。
浅井三姉妹の郷という道の駅がある辺りですね。
そうそうでっかい「せんねん灸」の工場もありました。
その関ヶ原よりの道路沿いです。

toryumon-nagahama-003.jpg

toryumon-nagahama-001.jpg

実は何十回も前を通って横目で見ていたお店。
今回は午後7時過ぎ通りかかって、タイミングも良かったので寄ってみました。

駐車場が広いので助かります。

toryumon-nagahama-004.jpg

toryumon-nagahama-006.jpg

店内はテーブルが5卓、奥に小上がりの座敷があり、小宴会が出来そうです。

toryumon-nagahama-011.jpg

toryumon-nagahama-012.jpg

toryumon-nagahama-013.jpg

メニューは普通に中華料理屋さんにあるものは、もれなくあります。
単品の唐揚げやらギョーザも御試しのミニもあり、ちょっとだけ欲しい私にはうってつけ。
ラーメンと丼物のセットも900円であった。
当然とばかりに、ラーメン+天津飯を。
相方は、ラーメンとチャーハンのセット。
それに折角なので、ショーロンポー(4ケ)、ミニ唐揚げ(3ケ)をシェア。
小籠包は何故かカタカナで書いてあった。

toryumon-nagahama-016.jpg

toryumon-nagahama-022.jpg

toryumon-nagahama-024.jpg

しかしね、半分何気に入った店でしたが、これがみんな旨い。
主食?のラーメンはあっさり系で、安心感がある。

toryumon-nagahama-014.jpg

toryumon-nagahama-015.jpg

チャーハン、天津飯、文句なく旨い。

toryumon-nagahama-020.jpg

toryumon-nagahama-026.jpg

ショーロンポウは肉汁がたまらない。
唐揚げは3ケのところ、二人いるので1つサービスで4ケあったのは更に嬉しい。

また行きたい度 5点中3.5点



中国菜館 登龍門
滋賀県長浜市西主計町819 ←地図を表示
0749-74-0072
営業時間 11:00-14:00 17:00-22:00
定休日 水曜日

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

FC2カウンター
自動車保険を見直しませんか?
一括見積【無料】
自動車保険
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
月別アーカイブ
日本の蒸気機関車3選
「C57」「C62」「D51」 このポストカードは、国鉄車両設計図を基に細密な線で描かれた版画「日本の名蒸気機関車12選(画・前田浩利)」の貴重な原画をもとに制作されたものです。 交通博物館にも所蔵されているもので、写真と見間違うばかりで、とても手書きで描かれた版画とは思えません。

NEXCO中日本オンラインモールで販売 ← クリック

直接お問い合わせ 
小澤工芸メール
敦賀太郎のブログ

お得で便利

車のトラブル一発解決

JAF

ホテル・旅館を探すなら

>>人気ホテルの価格を今すぐチェック<<

かんたん発行

ETCカード

ドメイン取るならお名前.com

【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!

送料無料の情報が満載!

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
福井・若狭からの贈り物
400年の伝統 若狭塗り箸
福井・若狭からの贈り物 椿油
nexcologo.jpg

わかさ椿油は、若狭湾の椿を採り、生搾り、無添加・非加熱の100%純国産椿油です。


tsubaki-fc-001.jpg tsubaki-fc-002.jpg

ブレゼント用にラッピング


お肌や髪になじみやすい化粧用油です。ツバキ油は、髪をつややかにするだけではなく、頭皮や肌荒れにも効果的な成分を含み、美しい髪やお肌に最適です。

tsubaki-fc-004.jpg

椿みつ朗スキンクリーム


tsubaki-fc-005.jpg

全身ローション わかさ椿


tsubaki-fc-006.jpg

わかさ椿 玉肌ローション

検索フォーム
カテゴリ